博物館を楽しむ一日

 4月5日(日)まで袖ケ浦市郷土博物館で行われている、市民学芸員による企画展『ふるさと袖ケ浦―人・くらし・風景―』の関連イベント『今日は一日博物館で過ごそう!』が3月1日に同館で催され、336名が来場した。
 映像展示室では、実話として伝えられている平岡地区の民話『こんぴら様とさきちの犬』、『坊さんの目薬』、『三夜様』をスクリーン紙芝居で上演。迫力のある語りに来場者は物語の中へぐいぐいと引き込まれていった。いずれも郷土史家の間山久彌(ひさや)さんが本にまとめたものを市民学芸員が紙芝居に仕立てたもので、同地区には話の元となる石のほこら、木像などが現在も残っている。「話に出てきたお地蔵さんやお堂を訪ねてみたくなりました」と来場者。絵は、地元の特別養護老人ホームの絵画クラブ会員や県立袖ヶ浦高校美術部の生徒などの協力を得て作成した。
 滝の口で生まれ育つこと約70年の鈴木弥須雄さんによるギャラリートーク『小高神社と滝の口の人々』は大きな盛り上がりを見せた。むかし滝の口村には、5mほどの大きな滝があったことや小高神社の歴史、神楽について紹介。獅子舞を被り、幣束や鈴を用いて「千早振る 天の岩戸を押し開き」の唄に合わせて勢いよく舞った当時の体験を生き生きと語った。長年受け継いできた神楽だが、継承者不足が原因で平成20年に活動停止となったことを伝えると「何とか復活させたい」、「いつでも力になりますよ」と来場者から熱い意見がたくさん寄せられた。
 また、市内で昭和初年頃まで営まれていた養蚕業に因んだ『繭人形作り』では、思い思いに人形作りを楽しむ子ども達の姿が見られた。
 紙芝居のパネル、当時の神楽の映像は同企画展にて見ることができる。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る