博物館を楽しむ一日

 4月5日(日)まで袖ケ浦市郷土博物館で行われている、市民学芸員による企画展『ふるさと袖ケ浦―人・くらし・風景―』の関連イベント『今日は一日博物館で過ごそう!』が3月1日に同館で催され、336名が来場した。
 映像展示室では、実話として伝えられている平岡地区の民話『こんぴら様とさきちの犬』、『坊さんの目薬』、『三夜様』をスクリーン紙芝居で上演。迫力のある語りに来場者は物語の中へぐいぐいと引き込まれていった。いずれも郷土史家の間山久彌(ひさや)さんが本にまとめたものを市民学芸員が紙芝居に仕立てたもので、同地区には話の元となる石のほこら、木像などが現在も残っている。「話に出てきたお地蔵さんやお堂を訪ねてみたくなりました」と来場者。絵は、地元の特別養護老人ホームの絵画クラブ会員や県立袖ヶ浦高校美術部の生徒などの協力を得て作成した。
 滝の口で生まれ育つこと約70年の鈴木弥須雄さんによるギャラリートーク『小高神社と滝の口の人々』は大きな盛り上がりを見せた。むかし滝の口村には、5mほどの大きな滝があったことや小高神社の歴史、神楽について紹介。獅子舞を被り、幣束や鈴を用いて「千早振る 天の岩戸を押し開き」の唄に合わせて勢いよく舞った当時の体験を生き生きと語った。長年受け継いできた神楽だが、継承者不足が原因で平成20年に活動停止となったことを伝えると「何とか復活させたい」、「いつでも力になりますよ」と来場者から熱い意見がたくさん寄せられた。
 また、市内で昭和初年頃まで営まれていた養蚕業に因んだ『繭人形作り』では、思い思いに人形作りを楽しむ子ども達の姿が見られた。
 紙芝居のパネル、当時の神楽の映像は同企画展にて見ることができる。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  2. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…
  3. 俳画と文 松下佳紀 太陽が沈んでも、まだ明るい夕空。そこに大粒の星がひとつ灯る。一番星だ。それを目敏く見つけた一番蛙が星と目を合わせケロロ…
  4.  山武郡横芝光町で戦前から自家製のぶどうでワインを作り続けてきた『齊藤ぶどう園』では、新たな後継者である齊藤雅子さんが日々奮闘しながら、…
  5.  先日から、各ニュースで報道されていた『5段階の警戒レベルを用いた避難情報』。国が平成30年7月の西日本豪雨の被害を踏まえ改訂したもので…
  6.  5月2日(木)、市原湖畔美術館で開催されたのは『房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020 キックオフイベント』。総合ディレクタ…
  7.  5月12日(日)、ゼットエー武道場相撲場にて市原市民体育大会相撲競技が、市原市相撲協会(藤田明男会長)主管で開催された。当日は小中学校…
  8.  4月27日(土)、有秋公民館主催で行われた『フラワーアレンジ』には7名の男女が集まった。5月12日(日)の母の日を控えていたこともあり…
  9.  市原市在住の大水優香(おおみずゆか)さんは昨年5月から今年3月にかけて、国家プログラムの1つ『日本語パートナーズ派遣事業』によりタイの…
  10.  朝起きてから夜寝るまで、私たちの暮らしは守られています。世界各地からニュースとして入ってくる戦争や内乱、飢餓など、国全体を巻き込むよう…

ピックアップ記事

  1.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…

イベント情報まとめ

  1. ◆イベント ●山野草即売会 6/23(日) 9〜15時 房総萬華園(多田ビニール内) 落合 tel.090-6310-9251  ●上総国…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る