春を愛でる和菓子作り

 年3回開かれる市津公民館主催事業『季節の和菓子』の『早春編』が2月24日に開かれ、16人が参加した。講師は「お稽古のお菓子を手作りする」という茶道表千家教授川添宗倭(明子)さん。
 はじめに作ったのは寒梅粉と粉糖を練った紅白の雲平生地を使った『手綱』。毎回、和菓子作りを楽しみにしている80代のご夫婦や料理教室体験をブログに載せるという男性もいて作業は手際よく進んだ。
 「平安時代、太宰府に左遷された菅原道真に老女(浄明尼)が梅の枝に餅を巻き付けて差し入れたとされる」という『梅ケ枝餅』(20個分)の作り方は次の通り。白玉粉35グラムに水150㏄を加え溶かし、砂糖200グラム、もち粉70グラム、上新粉35グラムも混ぜとろりとさせる。蒸気のあがった蒸し器にセルクルなど底のない枠に濡れ布巾を広げ生地を流し入れ、上に乾いた布巾をかぶせ蓋をする。蒸し時間は30分。布巾ごと生地を取りだし、布巾の上からもみほぐす。片栗粉を敷いたバットに移し、さらに折りたたむようにこねる。340グラムのこしあんを20等分し、生地で包み、フライパンにサラダ油を敷き両面焼き色を付ける。冷凍保存可。
 うぐいすきな粉を使った、すはま生地の干菓子は紐状にして『早蕨』の形にした。淡いみどり色の生地を串団子に、松や瓢箪型にと思い思いに細工をした参加者たち。最後に紅梅ひと枝を添え、抹茶とともに春を満喫した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  来週26日(土)に新しい住宅展示場プロジェクト『ちば家博』が東金市北之幸谷にグランドオープン。従来の展示場は大手住宅メーカーが多いが、こ…
  2.  毎年行われている千葉県調理師大会と料理コンクール。食材が豊富な千葉県の「千産千消」の推進寄与も目的とした同コンクールは、応募の料理を場内に…
  3.  ムラサキシキブ(紫式部)の見ごろである。弓なりに張り出した枝の葉の付け根ごとに3ミリの核果を沢山付ける。6月に咲いた淡紅紫色の花(4ミリ…
  4. 今も健在、観音掘りトンネル  日本には古来から「観音掘り」と言うトンネルの掘削工法があり、将棋の駒に似た上部の尖った形状をしています。トンネ…
  5.  市原市在住の中森敏夫さん(64)は、子どもの頃から好きだったプラモデル作りが高じて、大人になってからは鉄道のジオラマや建築の模型などを含め…
  6.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  7.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  8. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  来週26日(土)に新しい住宅展示場プロジェクト『ちば家博』が東金市北之幸谷にグランドオープン。従来の展示場は大手住宅メーカーが多いが、こ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る