春を愛でる和菓子作り

 年3回開かれる市津公民館主催事業『季節の和菓子』の『早春編』が2月24日に開かれ、16人が参加した。講師は「お稽古のお菓子を手作りする」という茶道表千家教授川添宗倭(明子)さん。
 はじめに作ったのは寒梅粉と粉糖を練った紅白の雲平生地を使った『手綱』。毎回、和菓子作りを楽しみにしている80代のご夫婦や料理教室体験をブログに載せるという男性もいて作業は手際よく進んだ。
 「平安時代、太宰府に左遷された菅原道真に老女(浄明尼)が梅の枝に餅を巻き付けて差し入れたとされる」という『梅ケ枝餅』(20個分)の作り方は次の通り。白玉粉35グラムに水150㏄を加え溶かし、砂糖200グラム、もち粉70グラム、上新粉35グラムも混ぜとろりとさせる。蒸気のあがった蒸し器にセルクルなど底のない枠に濡れ布巾を広げ生地を流し入れ、上に乾いた布巾をかぶせ蓋をする。蒸し時間は30分。布巾ごと生地を取りだし、布巾の上からもみほぐす。片栗粉を敷いたバットに移し、さらに折りたたむようにこねる。340グラムのこしあんを20等分し、生地で包み、フライパンにサラダ油を敷き両面焼き色を付ける。冷凍保存可。
 うぐいすきな粉を使った、すはま生地の干菓子は紐状にして『早蕨』の形にした。淡いみどり色の生地を串団子に、松や瓢箪型にと思い思いに細工をした参加者たち。最後に紅梅ひと枝を添え、抹茶とともに春を満喫した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…
  2.  島根発祥の『2歳のお誕生日会』。メモリアルワークを通じて、2歳児のイヤイヤやイタズラの本当の理由を知り、子育てを楽しもうというもので、主に…
  3.  最近、街中の池でもよく見られるようになったオオバン。白色の嘴と額以外ほぼ全身黒色をした全長36センチ位の水鳥である。全身に斑や縞模様等が少…
  4.  古いレトロな郵便局の建物を活かし、まちづくりや育児サークルの活動、ギャラリーなどに使えるレンタルスペース『ギャラリー・プロジェクト長南』。…
  5.  千葉県内各地で福祉施設の運営を行っている社会福祉法人佑啓(ゆうけい)会。平成5年に市原市で開所した知的障害者施設・ふる里学舎をはじめ、通所…
  6.  以前、八十三歳になる恩師が、「出来の悪い子ほど親孝行。自分の足りなかったところを教えてくれた」と、我が子の子育てを振り返られて仰っていまし…
  7.  7月の日曜日の午後のひととき、上総更級公園の公園センターで、ハーブの活用法「ハーブクラフト」講習会が開催された。参加費、材料費は一切無料。…
  8.  新型コロナウイルスの感染拡大と昨年の台風被害から、今年は多くのイベントが中止。緑豊かな里山に囲まれた長柄町でも、多くの農園や組合、工房など…
  9.  関東鉄道協会主催、鉄道沿線地域の活性化に寄与しようと開催されているスタンプラリー。第10回となる今年は、関東を「東京」「千葉」「埼玉・群馬…

ピックアップ記事

  1.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る