春を愛でる和菓子作り

 年3回開かれる市津公民館主催事業『季節の和菓子』の『早春編』が2月24日に開かれ、16人が参加した。講師は「お稽古のお菓子を手作りする」という茶道表千家教授川添宗倭(明子)さん。
 はじめに作ったのは寒梅粉と粉糖を練った紅白の雲平生地を使った『手綱』。毎回、和菓子作りを楽しみにしている80代のご夫婦や料理教室体験をブログに載せるという男性もいて作業は手際よく進んだ。
 「平安時代、太宰府に左遷された菅原道真に老女(浄明尼)が梅の枝に餅を巻き付けて差し入れたとされる」という『梅ケ枝餅』(20個分)の作り方は次の通り。白玉粉35グラムに水150㏄を加え溶かし、砂糖200グラム、もち粉70グラム、上新粉35グラムも混ぜとろりとさせる。蒸気のあがった蒸し器にセルクルなど底のない枠に濡れ布巾を広げ生地を流し入れ、上に乾いた布巾をかぶせ蓋をする。蒸し時間は30分。布巾ごと生地を取りだし、布巾の上からもみほぐす。片栗粉を敷いたバットに移し、さらに折りたたむようにこねる。340グラムのこしあんを20等分し、生地で包み、フライパンにサラダ油を敷き両面焼き色を付ける。冷凍保存可。
 うぐいすきな粉を使った、すはま生地の干菓子は紐状にして『早蕨』の形にした。淡いみどり色の生地を串団子に、松や瓢箪型にと思い思いに細工をした参加者たち。最後に紅梅ひと枝を添え、抹茶とともに春を満喫した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る