春を愛でる和菓子作り

 年3回開かれる市津公民館主催事業『季節の和菓子』の『早春編』が2月24日に開かれ、16人が参加した。講師は「お稽古のお菓子を手作りする」という茶道表千家教授川添宗倭(明子)さん。
 はじめに作ったのは寒梅粉と粉糖を練った紅白の雲平生地を使った『手綱』。毎回、和菓子作りを楽しみにしている80代のご夫婦や料理教室体験をブログに載せるという男性もいて作業は手際よく進んだ。
 「平安時代、太宰府に左遷された菅原道真に老女(浄明尼)が梅の枝に餅を巻き付けて差し入れたとされる」という『梅ケ枝餅』(20個分)の作り方は次の通り。白玉粉35グラムに水150㏄を加え溶かし、砂糖200グラム、もち粉70グラム、上新粉35グラムも混ぜとろりとさせる。蒸気のあがった蒸し器にセルクルなど底のない枠に濡れ布巾を広げ生地を流し入れ、上に乾いた布巾をかぶせ蓋をする。蒸し時間は30分。布巾ごと生地を取りだし、布巾の上からもみほぐす。片栗粉を敷いたバットに移し、さらに折りたたむようにこねる。340グラムのこしあんを20等分し、生地で包み、フライパンにサラダ油を敷き両面焼き色を付ける。冷凍保存可。
 うぐいすきな粉を使った、すはま生地の干菓子は紐状にして『早蕨』の形にした。淡いみどり色の生地を串団子に、松や瓢箪型にと思い思いに細工をした参加者たち。最後に紅梅ひと枝を添え、抹茶とともに春を満喫した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る