桜の競演ーつるまい桜と絵画展

 お花見の季節がやってきた。桜の名所、鶴舞公園で本物の桜を楽しんだあと、桜をテーマにした芸術をご覧になってはいかがだろう。4月1日(水)から12日(日)まで、つるまい美術館(旧上総更級美術館)にて『~桜のデュエット~』二人展(アクリル画・油彩画)が開かれる。作家は市内在住の宮﨑幸子さんと市内出身、白井市在住の畑(旧姓・宮﨑)順子さん。100号サイズの絵6点を含む約40点を展示している。
 畑さんは宮﨑さんの夫の妹であり、共に同じ系列大学出身、千葉県立高校で美術の教員を務め、美術団体『新構造社』会員でもある。絵の傾向も近く、家族や教え子など周りにいる人物・花などを中心に描いてきた。その中で共通したテーマが同展覧会の柱『桜』だ。生命の輝きが溢れ出る人物画を得意とする宮﨑さんが、その背景に描く桜はソメイヨシノ。ふんわりと柔らかで儚いイメージを持つ。対して畑さんの描く桜は、凛とした存在感と抱擁力を感じさせる1本の大木。自宅近くにある樹齢約400年の大きな桜をモデルにした作品には、木の下で遊ぶ子ども達の姿がある。「長い年月を経て培われてきた木の精霊が春風の下で子ども達を見守っているイメージです」と畑さん。
 宮﨑さんは「2人の異なる桜の作品、そのコントラストをお楽しみいただければ」と笑顔で話す。
 階段を上り切ると大きな桜の絵が目の前に姿を表す。古民家風の同美術館で、その迫力を是非味わってみてほしい。桜がテーマだが、牛久の街の四季を描いた宮﨑さんの新作や畑さんが描く人物画の和の情景にも注目。
 
問合せ つるまい美術館
TEL 0436・88・4001

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  2. 【写真】メインビジュアルデザイン:岡﨑 真理⼦(REFLECTA, Inc.)  千葉県誕⽣150周年記念事業の⼀環と…
  3.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  4.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  5.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  6.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  7. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  8.  市原湖畔美術館では、百年後芸術祭|内房総アートフェス|の一環として『ICHIHARA×ART×CONNECTIONS|交差する世界とわたし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る