チームワークと努力で全米第1位を獲得

 3月1日に米国のダラスで行われた『チアダンス全米大会(NDA All-Star Nationals)』のユースポン部門(小6以下対象)において、唯一の日本人チーム『スーパーノヴァ』が1位を獲得した。チアダンススクール『Songleading&DanceFamily(ソングリーディングアンドダンスファミリー)』の選抜メンバーで結成されたチームだ。同チーム6名のうち、峯島日菜多(ひなた)さん、酒巻舞桜(まお)さん、恩田茉莉杏(まりあ)さんは市原市在住でチアダンス歴5、6年の小学4年生。週に1度、サンプラザ市原での教室に通っている。
 チアダンスはチアリーディングから派生したスポーツで、アメリカンフットボールなどの競技を応援するためにダンスを披露する。組体操のようなアクロバティックな演技はしない。競技大会では技の難易度や正確さ、チームワークなどが採点の対象となり、順位が決まる。
 86点だった米国の強豪チームを抑え、93点で1位に輝いた。「嬉しさのあまり『キャーッ』と叫んでみんなで泣いてしまった」と3人は未だ興奮を抑えきれない様子。インストラクターの石川淳子さんは「体のしなやかさや手足の動きの大きさは米国人に敵わないが、動きを揃えるなど日本人独特の細やかさを追求した。完成度の高い演技を目指して地道に努力した結果」と話す。『スーパーノヴァ』は、全米大会を目標に結成された半年間だけのプロジェクトチーム。国内大会とはメンバーの意識も大きく違った。普段なら感じない緊張と最大限の集中力。厳しい練習を共に乗り越えてきた仲間と演じる1度きりの作品だけに「大切に踊らなきゃ」という熱い思いがあったという。
 帰国後、教室で新たなレッスンに励む少女たちの笑顔は自信に満ち溢れていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る