静から動、精神集中のスポーツ
市原市クレー射撃協会

 クレー射撃競技の公式種目はトラップ射撃とスキート射撃があり、オリンピック、ワールドカップ、日本では国民体育大会で競技が行われているメジャーなスポーツです。また、公式種目以外でもジャパンルールを決め、クレー射撃を練習、楽しむことが出来ます(トラップ、スキート、フィールド射撃があります)。
 ここではトラップ、スキート競技について少し説明します。トラップ、スキートとも4ラウンド、クレー25枚を放出、使用する散弾銃は大部分が射撃用の上下二連銃です。
◎トラップ
・クレー1枚に2発まで発射出来ます。飛ぶ方向は前方のみで、正面、左右は角度が付いていて、高さ、切れ角が異なっています。射台は横1列に五番まで並び、6名で競技を行いクレーを割った数が得点となります。通常4ラウンド行い100枚中の得点で成績としています。
◎スキート
・クレー1枚に1発の発射です。シングル、ダブルとあり、右から放出はプール、左からはマークと呼んでおり、方向、高さは一定で半円型の中に射台が8番まであります。公式ではコール後3秒以内にクレーが放出されます。こちらも4ラウンド100枚中の得点で成績としています。
 射撃は散弾銃を使用する為、安全第一、ルール、マナーを厳守する事が大切です。射台に立ち1~6番まで順番に射撃を行います。「ハーッ」とコールすると同時に飛び出すクレー、それを追い狙いすまし引鉄を引き発射、発射の反動を身体で吸収します。割れれば気持ち良いのですが、割れなければ失点となり悔しい思いをします。しかし、4ラウンドゲーム終了まで25枚のクレーを射撃しなければならず、気持ちを切り替え次に集中します。
 クレー射撃は、静から動へ動作、動体視力及び精神集中が要求されるスポーツです。銃砲所持許可証を取得し散弾銃を所持する事が必要ですが、一度挑戦してみませんか。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る