静から動、精神集中のスポーツ
市原市クレー射撃協会

 クレー射撃競技の公式種目はトラップ射撃とスキート射撃があり、オリンピック、ワールドカップ、日本では国民体育大会で競技が行われているメジャーなスポーツです。また、公式種目以外でもジャパンルールを決め、クレー射撃を練習、楽しむことが出来ます(トラップ、スキート、フィールド射撃があります)。
 ここではトラップ、スキート競技について少し説明します。トラップ、スキートとも4ラウンド、クレー25枚を放出、使用する散弾銃は大部分が射撃用の上下二連銃です。
◎トラップ
・クレー1枚に2発まで発射出来ます。飛ぶ方向は前方のみで、正面、左右は角度が付いていて、高さ、切れ角が異なっています。射台は横1列に五番まで並び、6名で競技を行いクレーを割った数が得点となります。通常4ラウンド行い100枚中の得点で成績としています。
◎スキート
・クレー1枚に1発の発射です。シングル、ダブルとあり、右から放出はプール、左からはマークと呼んでおり、方向、高さは一定で半円型の中に射台が8番まであります。公式ではコール後3秒以内にクレーが放出されます。こちらも4ラウンド100枚中の得点で成績としています。
 射撃は散弾銃を使用する為、安全第一、ルール、マナーを厳守する事が大切です。射台に立ち1~6番まで順番に射撃を行います。「ハーッ」とコールすると同時に飛び出すクレー、それを追い狙いすまし引鉄を引き発射、発射の反動を身体で吸収します。割れれば気持ち良いのですが、割れなければ失点となり悔しい思いをします。しかし、4ラウンドゲーム終了まで25枚のクレーを射撃しなければならず、気持ちを切り替え次に集中します。
 クレー射撃は、静から動へ動作、動体視力及び精神集中が要求されるスポーツです。銃砲所持許可証を取得し散弾銃を所持する事が必要ですが、一度挑戦してみませんか。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る