太鼓の音で心身パワーアップ!

 市原市と千葉市、外房の広範囲で活動する和太鼓グループ『すめらぎ』。代表の市川真司さんが1994年に都内で発足してから約20年。2000年に千葉支部を設立後、千葉市・市原市・長生郡で生徒は60人まで増加した。
 息の合った音や抑揚あるパフォーマンス。それらに欠かせない音のすべては、市川さんが作ったオリジナル曲だ。「メンバーは8年の経験者からまだ2、3年の人まで様々だけど、週5日各曜日異なった4カ所で行われている練習のどこに参加してもいいんです。だからこそ練習量が増えて上達も早いですよ」と市川さん。 
 2歳児から70歳代まで幅広い世代が共に練習をする。「親子会員も多く、一緒の目標をもって楽しんでもらいたい」そう。市川さんは独学で太鼓を勉強しここまでやってきた。津軽三味線とユニットを組んだりと今も挑戦を続けている。抽象的なイメージ楽曲が多い和太鼓だが、中学生の時に見た和太鼓にあこがれた時を想う『焦がれ』、青森3大ねぶたまつりをイメージした『ねぶた』など聴いている人に伝わりやすいよう心がけている。
 今後の課題は、「表現力を伸ばすこと。演奏をしながら、顔や所作まで表情を出すのは本当に難しいんですよ」と話す。それでも、「拍手をもらう瞬間は病みつき。声援や拍手の大小に関係なく一度味わうと癖になります。室内だと音が響いてもっといいんですが、室外でやった時にさらに満足のいく音が出せるようになるため、また練習をがんばります」と意気込む『すめらぎ』。現在、老若男女関わらず会員を募集している。         

問合せ
http://www.sumeragi-spirit.com/

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  2.  冬枯れの草原に鮮やかに映える赤い鳥「ベニマシコ」、バードウオッチャー憧れの鳥である。体長15~16センチ、全身が紅色で黒い翼に鮮やかな二…
  3. 9月から11月にかけて茂原市総合市民センターで開催された『ばか面踊り講習会』。月1度の講習会は三度にわけて行われ、参加者約30名はひょっとこ…
  4. 千葉市科学館(きぼーる内7F~10F)は創設13年を迎えた現在、年間を通して新たな企画を打ち出し続けている。2007年10月に、千葉市民の…
  5.  市原市南部保健福祉センター(なのはな館・牛久377の1)では、毎週水曜と金曜と日曜の3日間、健康増進室によるストレッチ教室が開催されている…
  6.  アメリカの北東部日本語教師会では、3月末に開催する「春祭り」に合わせ、2012年から東日本大震災ほか、様々な災害などで被災した日本の高校…
  7. 「夢まるふぁんど委員会」(委員長・大澤克之助千葉日報社社長)は2019年12月19日、市原市五井の五井新田自治会館で「夢まるふぁんど文化(…
  8. シリーズ10万部、コミックエッセイ&専門家コラムで人気の「それでいい。シリーズ」の続編が昨年12月に 創元社より刊行! 今回は「パートナーこ…
  9.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察でも…
  10.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

ピックアップ記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る