園内バリアフリーの袖ケ浦公園で初夏を彩る花菖蒲を楽しむ

 四季折々の花が楽しめる袖ケ浦公園。今は、花菖蒲が見頃を迎えている。園路に囲まれた約3600㎡の菖蒲園には、およそ1万5千株の花菖蒲が植えられており、市内外からの来場者はもとより、最近では観光バスも立ち寄る人気の花スポットだ。
 日本情緒漂う菖蒲園の周りには、天然石を行かした日本庭園風の遊魚池や、目の前に色とりどりの花々が咲き乱れる花壇があるウッドテラスなどもあり、心安らぐ憩いの場となっている。この『花のテラス』では軽食も販売され、併設されたトイレには、車椅子用便器やオストメイト対応洗面台、オムツ換え用ベビーベッド等を備えた多目的トイレも設置されている。
 本日、6月13日(土)10時30分時から『菖蒲まつり』が開催され、スカシユリほか草花や、花菖蒲の絵柄の巻き寿司も販売される(なくなり次第終了)。また、『花摘み娘』も登場し、撮影に応じる。
 花菖蒲のあとは、約4千株の紫陽花が7月末まで目を楽しませてくれる。 
 菖蒲園のある下池から上池へ向かえば、自然豊かな散策路が一周でき、子どもから高齢者まで、気軽にウオーキングできるコースだ。

問合せ 袖ケ浦公園管理組合
TEL 0438(63)6560
袖ケ浦市飯富2360
入園無料、常時開園

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る