気持ちをひとつに~異学年交流

 市立鶴舞小学校では、毎月第3火曜日の13時5分から30分間、異学年が交流する縦割り活動を行っている。97名の全校生徒が12グループに分かれ、5月には近所の茶畑で茶摘み、6月にはダンスコンテスト、冬には長縄大会やカルタ大会などを行う。その中で児童会を中心に企画され、6月23日に実行されたダンスコンテストの模様を取材した。
 昨年の運動会で、AKB48の『恋するフォーチュンクッキー』に合わせた踊りを低学年が披露した。「自分たちも踊りたい」との高学年の意見を採用、低学年が高学年に踊りを教える形で同コンテストが実現。今年は、運動会で低学年が踊ったmiwaの『360度』に合わせて各グループごとに踊りの練習をし本番に臨んだ。オリジナルアレンジもOKで、同じ位置で駆ける動きをする流行りのダンスステップ「ランニングマン」を採り入れているグループも多かった。ノリノリでステップを踏む子、気恥ずかしそうに控えめに手足を動かす子など様々だが、踊りを披露する側、見る側ともに笑い声があふれ児童たちはリラックスした雰囲気でコンテストを楽しんだ。まるで体格の違う高学年と低学年がともにダンスをする姿はもちろん、発表の合間に上級生に甘える下級生、下級生を気遣う上級生など微笑ましい光景が垣間見られた。「低学年にとっては、たくさん練習を積んだ曲を高学年に教えるという特別なシチュエーション。練習時もとても生き生きとしていました」と潤間校長。6年生の班長の声かけで、昼休みに自主練習をするグループも多かったという。
 校長と教頭の審査により1位に輝いたのは2班。中村教頭は「ダンスが好きで楽しみにしていた子、好きではないけれど頑張った子、みんなの気持ちが1つになっているところを評価しました」と述べた。「1位になれてびっくりした。嬉しい」、「とても仲のいいグループ。協力し合えて楽しかった」と2班の児童たちは笑顔を見せた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る