気持ちをひとつに~異学年交流

 市立鶴舞小学校では、毎月第3火曜日の13時5分から30分間、異学年が交流する縦割り活動を行っている。97名の全校生徒が12グループに分かれ、5月には近所の茶畑で茶摘み、6月にはダンスコンテスト、冬には長縄大会やカルタ大会などを行う。その中で児童会を中心に企画され、6月23日に実行されたダンスコンテストの模様を取材した。
 昨年の運動会で、AKB48の『恋するフォーチュンクッキー』に合わせた踊りを低学年が披露した。「自分たちも踊りたい」との高学年の意見を採用、低学年が高学年に踊りを教える形で同コンテストが実現。今年は、運動会で低学年が踊ったmiwaの『360度』に合わせて各グループごとに踊りの練習をし本番に臨んだ。オリジナルアレンジもOKで、同じ位置で駆ける動きをする流行りのダンスステップ「ランニングマン」を採り入れているグループも多かった。ノリノリでステップを踏む子、気恥ずかしそうに控えめに手足を動かす子など様々だが、踊りを披露する側、見る側ともに笑い声があふれ児童たちはリラックスした雰囲気でコンテストを楽しんだ。まるで体格の違う高学年と低学年がともにダンスをする姿はもちろん、発表の合間に上級生に甘える下級生、下級生を気遣う上級生など微笑ましい光景が垣間見られた。「低学年にとっては、たくさん練習を積んだ曲を高学年に教えるという特別なシチュエーション。練習時もとても生き生きとしていました」と潤間校長。6年生の班長の声かけで、昼休みに自主練習をするグループも多かったという。
 校長と教頭の審査により1位に輝いたのは2班。中村教頭は「ダンスが好きで楽しみにしていた子、好きではないけれど頑張った子、みんなの気持ちが1つになっているところを評価しました」と述べた。「1位になれてびっくりした。嬉しい」、「とても仲のいいグループ。協力し合えて楽しかった」と2班の児童たちは笑顔を見せた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  2.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  3.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  4. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  5.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  6.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…
  7. 『オペラ』は敷居の高い芸術…。そんな一般的イメージを払拭するかのように老若男女が楽しみながら和気藹々と稽古し舞台を重ねる『勝浦歌劇団』。総…
  8. ~助けていただいた命~ 私には4人の子どもがおりますが、3番目の子どもが妊娠4カ月の頃、切迫早産で大量出血し、緊急入院したことがありました…
  9.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  10. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…

ピックアップ記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る