これぞ究極のエコ 自宅に眠るTシャツが生き返る

 7月11日(土)、菊間保健福祉センター主催で開催されたエコライフ教室『古いTシャツでバスマットを作ろう』に集ったのは12名の受講者。近年、日本語の『モッタイナイ』は外国でも通じる言葉になっている。着古したTシャツも捨てるのは、ちょっと待って!講師の宍倉春江さんと本吉良子さんの2名のアドバイスを得ながら、受講者たちは持参したTシャツの裁断からスタート。
 「2センチの幅でぐるぐる1本の紐を作るように切ってください。間違えても縫えば使えます」、「みなさん集中しすぎて腱鞘炎にならないようにしてくださいね」など宍倉さんが声をかけて回る。紐の状態になったら、棒針を使って編んでいく。1段目の作り目を編んだら、2段目以降はガーター編みをするのだが、その長さも幅も個人の自由。
 Tシャツを使って編むという初めての作業に、戸惑いがちだった受講者も次第にするすると編み込んでいく。「Tシャツの柄によって、マットに模様が表れるようで面白いですね」、「作業が単純なので安心しました。本当に捨てるところがないので、とてもいいと思います」と受講者の声。また、本吉さんは優しく編み方を説明しながら、「これ、見てください。百円均一で買った菜箸です。先端を削れば棒針になるんですよ」と見せると、思わぬ代用品にどっと笑いが湧く。
 Tシャツで編んだバスマットは、布地なので水の吸収性もよく、サイズを変えれば小さな座布団としても使用可能。生地によって色だけでなく固さにも違いがでるのが、味わい深いのだとか。さて、完成品はいかに。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  タピオカ、爽やかな空と生物、美しい模様など素敵な作品の数々。人の想いが表現された力作を観るのは楽しい。8月25日、南総公民館で石遊びのイ…
  2.  出光興産株式会社は、2019年12月14日(土)に市原市市民会館において「みらいを奏でる音楽会~どこかで聞いたクラシック~」市原公演を開…
  3.  前回の防犯特集第2回で、『電話de詐欺』の手口の変遷を紹介した。今回は新しいだましの手口『カード受取型』の内容をさらに詳しくお伝えしたい…
  4.  市原市在住の中森敏夫さん(64)は、子どもの頃から好きだったプラモデル作りが高じて、大人になってからは鉄道のジオラマや建築の模型などを含め…
  5.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  6.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  7. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  タピオカ、爽やかな空と生物、美しい模様など素敵な作品の数々。人の想いが表現された力作を観るのは楽しい。8月25日、南総公民館で石遊びのイ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る