これぞ究極のエコ 自宅に眠るTシャツが生き返る

 7月11日(土)、菊間保健福祉センター主催で開催されたエコライフ教室『古いTシャツでバスマットを作ろう』に集ったのは12名の受講者。近年、日本語の『モッタイナイ』は外国でも通じる言葉になっている。着古したTシャツも捨てるのは、ちょっと待って!講師の宍倉春江さんと本吉良子さんの2名のアドバイスを得ながら、受講者たちは持参したTシャツの裁断からスタート。
 「2センチの幅でぐるぐる1本の紐を作るように切ってください。間違えても縫えば使えます」、「みなさん集中しすぎて腱鞘炎にならないようにしてくださいね」など宍倉さんが声をかけて回る。紐の状態になったら、棒針を使って編んでいく。1段目の作り目を編んだら、2段目以降はガーター編みをするのだが、その長さも幅も個人の自由。
 Tシャツを使って編むという初めての作業に、戸惑いがちだった受講者も次第にするすると編み込んでいく。「Tシャツの柄によって、マットに模様が表れるようで面白いですね」、「作業が単純なので安心しました。本当に捨てるところがないので、とてもいいと思います」と受講者の声。また、本吉さんは優しく編み方を説明しながら、「これ、見てください。百円均一で買った菜箸です。先端を削れば棒針になるんですよ」と見せると、思わぬ代用品にどっと笑いが湧く。
 Tシャツで編んだバスマットは、布地なので水の吸収性もよく、サイズを変えれば小さな座布団としても使用可能。生地によって色だけでなく固さにも違いがでるのが、味わい深いのだとか。さて、完成品はいかに。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る