これぞ究極のエコ 自宅に眠るTシャツが生き返る

 7月11日(土)、菊間保健福祉センター主催で開催されたエコライフ教室『古いTシャツでバスマットを作ろう』に集ったのは12名の受講者。近年、日本語の『モッタイナイ』は外国でも通じる言葉になっている。着古したTシャツも捨てるのは、ちょっと待って!講師の宍倉春江さんと本吉良子さんの2名のアドバイスを得ながら、受講者たちは持参したTシャツの裁断からスタート。
 「2センチの幅でぐるぐる1本の紐を作るように切ってください。間違えても縫えば使えます」、「みなさん集中しすぎて腱鞘炎にならないようにしてくださいね」など宍倉さんが声をかけて回る。紐の状態になったら、棒針を使って編んでいく。1段目の作り目を編んだら、2段目以降はガーター編みをするのだが、その長さも幅も個人の自由。
 Tシャツを使って編むという初めての作業に、戸惑いがちだった受講者も次第にするすると編み込んでいく。「Tシャツの柄によって、マットに模様が表れるようで面白いですね」、「作業が単純なので安心しました。本当に捨てるところがないので、とてもいいと思います」と受講者の声。また、本吉さんは優しく編み方を説明しながら、「これ、見てください。百円均一で買った菜箸です。先端を削れば棒針になるんですよ」と見せると、思わぬ代用品にどっと笑いが湧く。
 Tシャツで編んだバスマットは、布地なので水の吸収性もよく、サイズを変えれば小さな座布団としても使用可能。生地によって色だけでなく固さにも違いがでるのが、味わい深いのだとか。さて、完成品はいかに。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…
  2.  自宅庭の落葉を片付けていたら、ゴツイ感のあるクロベンケイガニがじっとしていました。この時期は気温が低く、冬眠状態です。  クロベンケイガ…
  3.  風に揺れだしそうなコスモスの花、鳥が今にも飛んで来そうなチャイニーズホーリーの赤い実。 白地に描かれた植物からは、花びらや葉の手触りまで伝…
  4.  道の駅『みのりの郷東金』『東金マルシェ』で販売されているベジ・スイーツ『東金天門どう』。東金市の歴史文化を研究し生み出された銘菓です。 …
  5. 「寿」の文字をあしらった小袖、漁師の晴れ着と言われる「万祝(まいわい)」。県立中央博物館 大多喜城分館では、今年度の企画展として「福を呼ぶ小…
  6. 「失敗をしたと思うときはいつだって、それがあなたにとっての利益になる。素晴らしいことを成し遂げたという思いしかないというのなら、あなたはお…
  7.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…
  8.  毎年この季節は、卵やバターたっぷり濃厚な、オーブンで焼き上げる伝統的パンプキンタルトを作っていました。長い間そうした材料を使うのが当たり前…

ピックアップ記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る