慌てない介護

 65歳になると市から介護保険被保険者証が届く。しかし、介護が必要になったとき、持っているだけでは介護サービスは受けられない。国分寺公民館主催事業『慌てない介護 知っておこう!介護制度の活用法』(全2回)の第1回が開催された。6月5日、『介護制度の基本、介護の疑問』について聴講したのは40代から80代の参加者25名。ケアマネージャー秋元一寛さんと井原育子さんが講師を務めた。秋元さんは「家族だけで抱えこまず、市の窓口、地域包括支援センター、民間の事業者に相談してほしい。家族の生活を支えつつ、介護される人の暮らしを守りたい」と話した。
 介護サービスを受けるにはまず、市の窓口で要介護認定の申請をし、市などの調査員による訪問調査、主治医意見書に基づく審査を受ける。認定結果が通知されるのは書類提出後3週間から1カ月。要介護度の結果をもとに地域包括支援センターやケアマネージャーのいる居宅介護支援事業者にケアプランを作成してもらい、ようやく自宅への訪問介護、通所するデイケア、施設へのショートステイや入所などのサービスが受けられる。「事業者を決めるには施設を見学し、担当者に会い、事業内容や雰囲気が本人の希望に合うかどうか確かめたほうがよい」とのこと。
 聴講者からは実際にかかる費用や地域にある施設などについて質問があり、第2回の『介護実践に必要な知識と施設見学』(9月4日)で具体例などを提示することになった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る