慌てない介護

 65歳になると市から介護保険被保険者証が届く。しかし、介護が必要になったとき、持っているだけでは介護サービスは受けられない。国分寺公民館主催事業『慌てない介護 知っておこう!介護制度の活用法』(全2回)の第1回が開催された。6月5日、『介護制度の基本、介護の疑問』について聴講したのは40代から80代の参加者25名。ケアマネージャー秋元一寛さんと井原育子さんが講師を務めた。秋元さんは「家族だけで抱えこまず、市の窓口、地域包括支援センター、民間の事業者に相談してほしい。家族の生活を支えつつ、介護される人の暮らしを守りたい」と話した。
 介護サービスを受けるにはまず、市の窓口で要介護認定の申請をし、市などの調査員による訪問調査、主治医意見書に基づく審査を受ける。認定結果が通知されるのは書類提出後3週間から1カ月。要介護度の結果をもとに地域包括支援センターやケアマネージャーのいる居宅介護支援事業者にケアプランを作成してもらい、ようやく自宅への訪問介護、通所するデイケア、施設へのショートステイや入所などのサービスが受けられる。「事業者を決めるには施設を見学し、担当者に会い、事業内容や雰囲気が本人の希望に合うかどうか確かめたほうがよい」とのこと。
 聴講者からは実際にかかる費用や地域にある施設などについて質問があり、第2回の『介護実践に必要な知識と施設見学』(9月4日)で具体例などを提示することになった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  2.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  3.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  4.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  5.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  6.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  7.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  8.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  9.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る