中学で大会成績が向上
市原市柔道連盟

 柔道の本家と言えば東京都文京区にある講道館(本館)ですが、殆どの人は地方で練習し、各都道府県の柔道連盟が統括しています。これらの連盟を統括する団体が全日本柔道連盟(公的代表、登録を行う)であり、講道館(大きな家元組織、段位認定を行う)とともに「共同」組織として柔道連盟を統括しています。
 千葉県柔道連盟には地域別組織や団体別組織があり、市原市柔道連盟は地域別組織の一つ、千葉地区柔道会(千葉、市原、習志野、八千代、四街道の五市の柔道団体から成る)に所属します。
 柔道は技量に応じて、最終的には講道館が、地方からの推薦により段・級を認定します。参段以下は地域組織で、四・五段は県連盟で、六段は関東地区で推薦し、七段以上は本館で審査。市原市柔道連盟では、千葉地区柔道会が千葉中央コミュニティセンターで行う審査会(4・8・10・1月の年4回)に参加し、段・級の審査を受けています。
 市原市柔道連盟は小学生から社会人までの柔道クラブ、中学校や高等学校の柔道部、実業柔道(会社関係)及び個人の柔道愛好家で組織され、定期総会は4月。主な行事は5月と11月の市民柔道大会、6月の市原ちびっこ武道大会、7月から10月は千葉県民体育大会柔道競技に向けての6回の強化練習会、1月の寒稽古、2月の市原市中央武道館杯争奪中学生柔道大会で、毎年継続できるように頑張っています。
 県民体育大会では平成13年に優勝しましたが、最近は3年連続5位と今一歩。少子化の影響もあり、どの組織も部員が減少しているものの、市内の中学では若い指導者の熱心な指導もあって、大会成績が向上しています。平成26年度の県中学校新人大会では、男子団体で辰巳台中が3位、女子団体で八幡中が3位となり、平成27年度の県総体では女子団体で八幡中が3位となりました。個人では(階級別)、杉田裕聖君(辰巳台中)、山根杏菜さん(八幡中)が、ともに新人大会2位、総体3位と活躍しました。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…
  2.  前回、近い将来起こるであろう世界的な食糧問題について書きましたが、多くの学者は、私達が生き延びるには人間が何万年と育んできた古来からの農法…
  3. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  4. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  5. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  6.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  7. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  8.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る