地獄を学んで、お化け屋敷へGO!

 8月9日(日)、南総公民館主催で行われた『恐怖の館体験』。2部構成の同講座は、参加者130名という大盛況!第1部、千葉県立中央博物館大多喜城分館の地引尚幸さんによる『地獄絵図の絵解き』が始まると、集った子どもたちは静かに耳を傾けた。「地獄は8つあり、地下で立体構造になっています。
 身体を切り刻まれても元に戻り、また切り刻まれる。苦しいですね。でも、今生きているこの世が、地獄のときもあるんですよ」と地引さん。持参した1700年代に描かれた慈眼寺蔵の『地獄絵図』に目を凝らす参加者には、最後まで熱心に解説を続けた。
 そして第2部、市原高校の有志が6月から構想を練ったお化け屋敷『恐怖の館』に順次移動。お化けに扮した14名の高校生たちが、館の中で息をひそめる。はしゃいでいた子ども達も、順番が近づくにつれて緊張から真顔に。地引さんが、「今の子は、興味がないようで地獄のことをよく知っているんです。漫画やアニメの影響でしょうか」と話すように、知識があるがゆえに想像が膨らむのだろう。
 2分間のコースでは、霧吹きの水が突如降ってきたり壁から手が飛び出してきたりと、思わず悲鳴を上げてしまう力作だ。中には大声を上げて泣いてしまう女の子もいて、それがさらに待っている人間の恐怖をあおる。「怖かった、と言ってもらえると嬉しいです。とてもやりがいがあります。男の子も震えていたりするんですよ」と同校3年の吉野一希(かずき)さん。身体が溶けてしまいそうに暑かった今夏、背中がひんやり冷えたのでは?

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  タピオカ、爽やかな空と生物、美しい模様など素敵な作品の数々。人の想いが表現された力作を観るのは楽しい。8月25日、南総公民館で石遊びのイ…
  2.  出光興産株式会社は、2019年12月14日(土)に市原市市民会館において「みらいを奏でる音楽会~どこかで聞いたクラシック~」市原公演を開…
  3.  前回の防犯特集第2回で、『電話de詐欺』の手口の変遷を紹介した。今回は新しいだましの手口『カード受取型』の内容をさらに詳しくお伝えしたい…
  4.  市原市在住の中森敏夫さん(64)は、子どもの頃から好きだったプラモデル作りが高じて、大人になってからは鉄道のジオラマや建築の模型などを含め…
  5.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  6.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  7. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  タピオカ、爽やかな空と生物、美しい模様など素敵な作品の数々。人の想いが表現された力作を観るのは楽しい。8月25日、南総公民館で石遊びのイ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る