地獄を学んで、お化け屋敷へGO!

 8月9日(日)、南総公民館主催で行われた『恐怖の館体験』。2部構成の同講座は、参加者130名という大盛況!第1部、千葉県立中央博物館大多喜城分館の地引尚幸さんによる『地獄絵図の絵解き』が始まると、集った子どもたちは静かに耳を傾けた。「地獄は8つあり、地下で立体構造になっています。
 身体を切り刻まれても元に戻り、また切り刻まれる。苦しいですね。でも、今生きているこの世が、地獄のときもあるんですよ」と地引さん。持参した1700年代に描かれた慈眼寺蔵の『地獄絵図』に目を凝らす参加者には、最後まで熱心に解説を続けた。
 そして第2部、市原高校の有志が6月から構想を練ったお化け屋敷『恐怖の館』に順次移動。お化けに扮した14名の高校生たちが、館の中で息をひそめる。はしゃいでいた子ども達も、順番が近づくにつれて緊張から真顔に。地引さんが、「今の子は、興味がないようで地獄のことをよく知っているんです。漫画やアニメの影響でしょうか」と話すように、知識があるがゆえに想像が膨らむのだろう。
 2分間のコースでは、霧吹きの水が突如降ってきたり壁から手が飛び出してきたりと、思わず悲鳴を上げてしまう力作だ。中には大声を上げて泣いてしまう女の子もいて、それがさらに待っている人間の恐怖をあおる。「怖かった、と言ってもらえると嬉しいです。とてもやりがいがあります。男の子も震えていたりするんですよ」と同校3年の吉野一希(かずき)さん。身体が溶けてしまいそうに暑かった今夏、背中がひんやり冷えたのでは?

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  2.  冬枯れの草原に鮮やかに映える赤い鳥「ベニマシコ」、バードウオッチャー憧れの鳥である。体長15~16センチ、全身が紅色で黒い翼に鮮やかな二…
  3. 9月から11月にかけて茂原市総合市民センターで開催された『ばか面踊り講習会』。月1度の講習会は三度にわけて行われ、参加者約30名はひょっとこ…
  4. 千葉市科学館(きぼーる内7F~10F)は創設13年を迎えた現在、年間を通して新たな企画を打ち出し続けている。2007年10月に、千葉市民の…
  5.  市原市南部保健福祉センター(なのはな館・牛久377の1)では、毎週水曜と金曜と日曜の3日間、健康増進室によるストレッチ教室が開催されている…
  6.  アメリカの北東部日本語教師会では、3月末に開催する「春祭り」に合わせ、2012年から東日本大震災ほか、様々な災害などで被災した日本の高校…
  7. 「夢まるふぁんど委員会」(委員長・大澤克之助千葉日報社社長)は2019年12月19日、市原市五井の五井新田自治会館で「夢まるふぁんど文化(…
  8. シリーズ10万部、コミックエッセイ&専門家コラムで人気の「それでいい。シリーズ」の続編が昨年12月に 創元社より刊行! 今回は「パートナーこ…
  9.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察でも…
  10.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

ピックアップ記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る