地獄を学んで、お化け屋敷へGO!

 8月9日(日)、南総公民館主催で行われた『恐怖の館体験』。2部構成の同講座は、参加者130名という大盛況!第1部、千葉県立中央博物館大多喜城分館の地引尚幸さんによる『地獄絵図の絵解き』が始まると、集った子どもたちは静かに耳を傾けた。「地獄は8つあり、地下で立体構造になっています。
 身体を切り刻まれても元に戻り、また切り刻まれる。苦しいですね。でも、今生きているこの世が、地獄のときもあるんですよ」と地引さん。持参した1700年代に描かれた慈眼寺蔵の『地獄絵図』に目を凝らす参加者には、最後まで熱心に解説を続けた。
 そして第2部、市原高校の有志が6月から構想を練ったお化け屋敷『恐怖の館』に順次移動。お化けに扮した14名の高校生たちが、館の中で息をひそめる。はしゃいでいた子ども達も、順番が近づくにつれて緊張から真顔に。地引さんが、「今の子は、興味がないようで地獄のことをよく知っているんです。漫画やアニメの影響でしょうか」と話すように、知識があるがゆえに想像が膨らむのだろう。
 2分間のコースでは、霧吹きの水が突如降ってきたり壁から手が飛び出してきたりと、思わず悲鳴を上げてしまう力作だ。中には大声を上げて泣いてしまう女の子もいて、それがさらに待っている人間の恐怖をあおる。「怖かった、と言ってもらえると嬉しいです。とてもやりがいがあります。男の子も震えていたりするんですよ」と同校3年の吉野一希(かずき)さん。身体が溶けてしまいそうに暑かった今夏、背中がひんやり冷えたのでは?

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る