大震災を忘れずに いざという時の心構えを

 9月9日の救急の日、市津公民館で市津倶楽部の講座「忘れないで大震災」が開催された。講師は市原在住、岩手県大槌町出身の志村淳子さん。4年半前の東日本大震災で、津波に呑まれた故郷の手助けが少しでもしたいと、『大槌町の子どもたちを支える会』を主宰し、県内各地での写真展や資源回収などで支援金を集め、寄付を行っている。
 講座には35名が参加。スライドで、海や山の美しい自然、お祭りなど、かつての平和な大槌町を志村さんが紹介したあと、津波が街を押し流す数分間の映像、火災や被災のあとの写真など、報道されなかった街や人々の姿が映し出された。「津波が街を飲み込むまで、たった数分間のことでした。街全体が押し流され、火の海となり、私の姉の無事も確認できるまで4日かかりました。それらのショックから、私は突発性難聴になりました」。
 こうした街全体が巻き込まれるような大災害の場合、多数の人が居住確保困難となり、道路も遮断され、物資も不足、日常生活そのものが長期にわたって崩壊する。行政や自治会も犠牲者が出、生き残った人もどこに避難したのか分からず、外からの救助に対応できる現地組織は、人手がまったく足りず機能しなくなる。「混乱、悲嘆、喪失感など、被災者の心は大きな痛手を受けてしまいます。それでも諦めず災害の中で生き残り、皆で声をかけあい奮起することが、立ち直る一番の近道です。例えば、簡易トイレに使うビニール袋は何枚あっても足りません。自分の薬も持っていないと、その薬が来るかどうか分からず、持病の悪化につながります。普段から自助・共助を意識し備えれば、減災につながるのです。どうぞ震災を忘れず、今も頑張っている人たちにエールを送ってください。そして、自分たちの減災に備えて欲しい」と志村さん。参加者は「非常に貴重な話が聞けた。あらためて震災の状況が分かったし、自分も考えていかなければと痛感した」と真剣に語った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る