癒しの緑を手軽に楽しむ

 上総更級公園・公園センターでは、毎週4日間『みどりの相談所』が開かれ、園芸関係の講座も定期的に開催されている。9月13日に行われた『園芸セラピー講座』では女性18名が参加、ミニ観葉植物と再利用のペットボトルで、気軽な植物の育て方を学んだ。講師は木曜と日曜に『みどりの相談所』を担当する、相談員の本田恵子さん。「園芸セラピーは植物を育て、慈しむ心を持つことで、身体的・精神的に良い状態へ回復させていく療法です。アメリカや北欧で、戦争からの帰還兵のケアや障害者の社会参加などから発展してきました。今回は、誰でも室内で手軽に観葉植物を愛で、管理できる安全な水耕栽培を作ります」と、ダイニングにも寝室にも置ける、清潔な用土の『ハイドロカルチャー』を紹介した。
 使うペットボトルは安定感のある角形。上面に穴を開け、フタに布やリボンをつけ可愛く演出。ボトルの底一面へ根腐れ防止剤を薄く敷き、次に粘土を1000度で焼成したハイドロボールという用土を敷きならす。植物はアイビーやオリヅルランなど3種。根を傷めないように割り箸で抜き、きれいに土を洗い落とす。「最初に色や姿を楽しむ植物を中心に植え、動きを楽しむツル植物で流れを表現、その中間に線を表現する植物を配置すると、形よく収まります。あとはどの方向から見ても裏にならないよう、デザインしてみましょう」と本田さん。参加者は葉の長さや向きを整え、好みの形に寄せ植えを仕上げた。「次はミント類をキッチンに置きたい」「ビー玉や専用ジェリーのきれいな用土もいいかも」と、自宅で別に作りたいという人が多く、とても好評。管理も水をやりすぎず、直射日光を避け、肥料はほとんど使わないとのことで、「初めて育てる人にもいいですね」と、大事そうに持ち帰った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る