癒しの緑を手軽に楽しむ

 上総更級公園・公園センターでは、毎週4日間『みどりの相談所』が開かれ、園芸関係の講座も定期的に開催されている。9月13日に行われた『園芸セラピー講座』では女性18名が参加、ミニ観葉植物と再利用のペットボトルで、気軽な植物の育て方を学んだ。講師は木曜と日曜に『みどりの相談所』を担当する、相談員の本田恵子さん。「園芸セラピーは植物を育て、慈しむ心を持つことで、身体的・精神的に良い状態へ回復させていく療法です。アメリカや北欧で、戦争からの帰還兵のケアや障害者の社会参加などから発展してきました。今回は、誰でも室内で手軽に観葉植物を愛で、管理できる安全な水耕栽培を作ります」と、ダイニングにも寝室にも置ける、清潔な用土の『ハイドロカルチャー』を紹介した。
 使うペットボトルは安定感のある角形。上面に穴を開け、フタに布やリボンをつけ可愛く演出。ボトルの底一面へ根腐れ防止剤を薄く敷き、次に粘土を1000度で焼成したハイドロボールという用土を敷きならす。植物はアイビーやオリヅルランなど3種。根を傷めないように割り箸で抜き、きれいに土を洗い落とす。「最初に色や姿を楽しむ植物を中心に植え、動きを楽しむツル植物で流れを表現、その中間に線を表現する植物を配置すると、形よく収まります。あとはどの方向から見ても裏にならないよう、デザインしてみましょう」と本田さん。参加者は葉の長さや向きを整え、好みの形に寄せ植えを仕上げた。「次はミント類をキッチンに置きたい」「ビー玉や専用ジェリーのきれいな用土もいいかも」と、自宅で別に作りたいという人が多く、とても好評。管理も水をやりすぎず、直射日光を避け、肥料はほとんど使わないとのことで、「初めて育てる人にもいいですね」と、大事そうに持ち帰った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る