癒しの緑を手軽に楽しむ

 上総更級公園・公園センターでは、毎週4日間『みどりの相談所』が開かれ、園芸関係の講座も定期的に開催されている。9月13日に行われた『園芸セラピー講座』では女性18名が参加、ミニ観葉植物と再利用のペットボトルで、気軽な植物の育て方を学んだ。講師は木曜と日曜に『みどりの相談所』を担当する、相談員の本田恵子さん。「園芸セラピーは植物を育て、慈しむ心を持つことで、身体的・精神的に良い状態へ回復させていく療法です。アメリカや北欧で、戦争からの帰還兵のケアや障害者の社会参加などから発展してきました。今回は、誰でも室内で手軽に観葉植物を愛で、管理できる安全な水耕栽培を作ります」と、ダイニングにも寝室にも置ける、清潔な用土の『ハイドロカルチャー』を紹介した。
 使うペットボトルは安定感のある角形。上面に穴を開け、フタに布やリボンをつけ可愛く演出。ボトルの底一面へ根腐れ防止剤を薄く敷き、次に粘土を1000度で焼成したハイドロボールという用土を敷きならす。植物はアイビーやオリヅルランなど3種。根を傷めないように割り箸で抜き、きれいに土を洗い落とす。「最初に色や姿を楽しむ植物を中心に植え、動きを楽しむツル植物で流れを表現、その中間に線を表現する植物を配置すると、形よく収まります。あとはどの方向から見ても裏にならないよう、デザインしてみましょう」と本田さん。参加者は葉の長さや向きを整え、好みの形に寄せ植えを仕上げた。「次はミント類をキッチンに置きたい」「ビー玉や専用ジェリーのきれいな用土もいいかも」と、自宅で別に作りたいという人が多く、とても好評。管理も水をやりすぎず、直射日光を避け、肥料はほとんど使わないとのことで、「初めて育てる人にもいいですね」と、大事そうに持ち帰った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  2.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  3.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  4. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  5.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  6.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  7.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  8.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  10.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

ピックアップ記事

  1.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る