イキイキ! 健康マージャン

 「よし、リーチだ!」笑い声に混じって、麻雀牌のぶつかる音が響く。五井公民館で毎月第1・3金曜日に活動しているシニア・健康麻雀サークル『アクト・ブレーン(脳の活性化を意味する造語)』。「金曜日が来るのを楽しみにしているの」と集まる会員は60から80代までの24名。代表、山﨑哲男さん手作りの麻雀台4卓はすぐに埋まる。数多くある「役」を追求して頭を使い、さらに指先も忙しく動かす。「麻雀は、老化防止を図るための最強のツールです。戦略を考えるだけではなく、テンパイのときに味わうドキドキ感やゲームの合間の楽しい会話なども脳の活性化につながっています」と山﨑さん。「飲まない、吸わない、賭けない」の健康麻雀だが、3カ月の得点合計に応じて賞品を用意したり、年に1度は雀荘で大会を行いトロフィーを授与するなど張り合いを出すための工夫をしている。
 「シニアを元気にするために、シニアの麻雀人口を増やしたい。千葉市や船橋市のように、市原市でも市長杯大会ができればなぁ」と山_さんは夢を膨らませる。現在は定員いっぱいだが興味のある方はお問い合わせを。会費は3カ月千円。

問合せ 山﨑さん
TEL 0436・22・3741

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  2.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  3.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  4.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  5.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  6.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  7.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  8.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る