イキイキ! 健康マージャン

 「よし、リーチだ!」笑い声に混じって、麻雀牌のぶつかる音が響く。五井公民館で毎月第1・3金曜日に活動しているシニア・健康麻雀サークル『アクト・ブレーン(脳の活性化を意味する造語)』。「金曜日が来るのを楽しみにしているの」と集まる会員は60から80代までの24名。代表、山﨑哲男さん手作りの麻雀台4卓はすぐに埋まる。数多くある「役」を追求して頭を使い、さらに指先も忙しく動かす。「麻雀は、老化防止を図るための最強のツールです。戦略を考えるだけではなく、テンパイのときに味わうドキドキ感やゲームの合間の楽しい会話なども脳の活性化につながっています」と山﨑さん。「飲まない、吸わない、賭けない」の健康麻雀だが、3カ月の得点合計に応じて賞品を用意したり、年に1度は雀荘で大会を行いトロフィーを授与するなど張り合いを出すための工夫をしている。
 「シニアを元気にするために、シニアの麻雀人口を増やしたい。千葉市や船橋市のように、市原市でも市長杯大会ができればなぁ」と山_さんは夢を膨らませる。現在は定員いっぱいだが興味のある方はお問い合わせを。会費は3カ月千円。

問合せ 山﨑さん
TEL 0436・22・3741

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  2. 【写真】メインビジュアルデザイン:岡﨑 真理⼦(REFLECTA, Inc.)  千葉県誕⽣150周年記念事業の⼀環と…
  3.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  4.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  5.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  6.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  7. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  8.  市原湖畔美術館では、百年後芸術祭|内房総アートフェス|の一環として『ICHIHARA×ART×CONNECTIONS|交差する世界とわたし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る