カボチャ七変化

 姉崎地区で獲れた作物を使い、手軽でおいしい料理を作ろう!とのテーマで開かれた姉崎公民館主催の『姉崎旬料理』。3回シリーズの最終回が行われたのは10月22日、ハロウィーンが近いこともありカボチャを使ったメニューに挑戦した。講師は市原市食生活改善協議会姉崎支部の佐々木勝子さん他1名。前回に引き続き、和気あいあいとした楽しい雰囲気でスタートを切った。
 まずは、果汁100%のオレンジジュースとハチミツで煮つめる『かぼちゃのオレンジ煮』。仕上げにしょうゆ少々を回し入れて香りをつける。和風のカボチャの煮つけとは違い、さわやかなスイーツ感覚で食べるといいかもしれない。次に『かぼちゃの春巻き』。カボチャの皮をむき、ゆでてつぶす。みじん切りにした玉ねぎとひき肉を塩こしょうで味付けしながらバターで炒め、先ほどのカボチャとこれらを春巻の皮に包んできつね色になるまで揚げる。春巻の皮の代わりに餃子の皮で包んでもよい。その場合、ヒダをつけず接着部分にフォークの背を押し付けて模様をつけると見た目もオシャレに。残りの具は団子にして素揚げにするか、ラップで茶巾絞りにすると、また新たな一品に。
 そしてお待ちかね!毎回、講師が密かに仕込んでいる「びっくりメニュー」の登場。今回は『スティックおにぎり』と『柿のピザ風トースト』。ラップの上にご飯を薄く広げふりかけをまぶす。一旦、ラップでくるくる巻き、棒状のおにぎりを作ったら再び広げ、ご飯の周りにハム、キュウリ、チーズなどを巻きつけ、もう一度巻けばできあがり。切ってもキレイだが、片手で食べられるので外出先でのランチにもおすすめだ。ピザ風トーストは、食パンにケチャップを塗り、チーズと薄くスライスした柿をのせてオーブントースターで焼くだけ。ピザの具としては柿の甘さが斬新だ。おまけとして、講師お手製の『かぼちゃの蒸しケーキ』もプラスされ、今回も豪華でボリュームたっぷりの料理がテーブルに並んだ。
 同講座では、1回目がナス、2回目はサツマイモ、3回目はカボチャと素材をしぼって様々な料理を作ってきた。「1つの素材でこんなにレパートリーが広がるなんて。勉強になりました」と参加者。ある男性は「初めて料理教室に参加した。目新しいことがいっぱいだった」と話した。参加者13人中、男性が4人。「男性が積極的に参加している姿が新鮮だった。夫にもすすめたい」と話した人も。「来年もあるといいわね」との声が多数聞かれ、講座は笑顔で幕を閉じた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…
  2.  7月21日(日)、市原市根田にある西光寺では夏休み寺子屋企画として『飴ふうせん体験』が行われた。参加したのは大人と子どもあわせて50名。…
  3.  認知症の人や家族、支援者、一般の人たちが、リレーをしながら一つのタスキをつなぎ、北海道から沖縄へと日本を縦断していくイベント『RUN伴』…
  4.  少子化が進む日本で、直面している問題は数多(あまた)ある。学校業界の中でも顕著に表れているのが部活動で、プレーをするのに必要なメンバー数…

ピックアップ記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る