イチジクこれで長期保存

 戸田コミュニティセンター主催講座『地場産果物を加工 イチジクジャム』が開かれた。10月6日、アイガモ農法米を生産する里山ファームの山美佐江さんが参加者12名に教えたのは、市原市産イチジクで作った加工品2種のビン詰。
 保存ビンは20分ほど煮沸消毒しておく。ワイン煮は、固めのイチジクを水洗いし、5分ほど茹でたあと、取り出してグラニュー糖と赤ワインで煮る。熱いうちビンに移し、汁を加える。はみだした実を押し込むようにフタを軽く締めると汁があふれる。参加者が「こんなに」と驚くほど量だが「イチジクは冷めると縮む」そうだ。
 ジャムは水洗いしたイチジクの皮をむいて、細かく刻む。グラニュー糖を加え混ぜながら「強火で短時間煮る」のがコツ。レモン汁を加え、熱いうちにビンへ。やはりフタを「軽く締める」。ビンの3分の1ほどの高さに鍋にお湯をはり、加工品の入ったビンを30分煮沸。熱いうちにフタを固く締める。逆さまに置き、粗熱を取り、水にくぐらせ冷ます。フタの中央がへこめば、真空状態。
 練りみそなど他の食品もこの方法で保存料を使わず約1年保存できるという。男性参加者は「プロの作り方は色が違う」と完成した淡いオレンジ色のジャムを手に取っていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…
  2. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  3.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  4.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  5.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  6.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  7.  ちはら台の街には公園が沢山あり、訪れた人の憩いの場となっています。  西には、テニス場がある「堂坂公園」、滑り台がある「睦月公園」、スプ…
  8.  5月になると私は、フクロウが巣を構えるような大きなスダジイを順番に回ります。運が良ければ巣立ったヒナがいるからです。でも今年は声もしないの…
  9.  市原市在住の田波武さんは、昨年4月、パズル界初の『イロハ』3文字を使ったクロスワードパズル、『ひらめきの右脳 理詰めの左脳を覚醒させるイロ…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る