イチジクこれで長期保存

 戸田コミュニティセンター主催講座『地場産果物を加工 イチジクジャム』が開かれた。10月6日、アイガモ農法米を生産する里山ファームの山美佐江さんが参加者12名に教えたのは、市原市産イチジクで作った加工品2種のビン詰。
 保存ビンは20分ほど煮沸消毒しておく。ワイン煮は、固めのイチジクを水洗いし、5分ほど茹でたあと、取り出してグラニュー糖と赤ワインで煮る。熱いうちビンに移し、汁を加える。はみだした実を押し込むようにフタを軽く締めると汁があふれる。参加者が「こんなに」と驚くほど量だが「イチジクは冷めると縮む」そうだ。
 ジャムは水洗いしたイチジクの皮をむいて、細かく刻む。グラニュー糖を加え混ぜながら「強火で短時間煮る」のがコツ。レモン汁を加え、熱いうちにビンへ。やはりフタを「軽く締める」。ビンの3分の1ほどの高さに鍋にお湯をはり、加工品の入ったビンを30分煮沸。熱いうちにフタを固く締める。逆さまに置き、粗熱を取り、水にくぐらせ冷ます。フタの中央がへこめば、真空状態。
 練りみそなど他の食品もこの方法で保存料を使わず約1年保存できるという。男性参加者は「プロの作り方は色が違う」と完成した淡いオレンジ色のジャムを手に取っていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  2.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  3.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  4.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  5.  内房線の八幡宿駅西口から歩いて10分程にある飯香岡八幡宮は、白鳳3年(675)天武天皇の勅命により八幡宮として創建されたといわれています。…
  6.  長南町の野見金山に、全長1.4㎞のトレッキングロード『のみがね峻道』が完成した。地元有志が結成した『のみがね会』が、約4年の歳月をかけ整備…
  7.  秋の深まる足音が日々ゆっくりと近づいてきています。朝早くに犬と散歩するようになってからは、何か危険な物は落ちていないか、注意しながら足元に…
  8.  今年で11年目となるマザー牧場(富津市)のイルミネーション『光の花園』が11/3から始まった。標高300mの『山の上エリア』で、約60万球…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る