イチジクこれで長期保存

 戸田コミュニティセンター主催講座『地場産果物を加工 イチジクジャム』が開かれた。10月6日、アイガモ農法米を生産する里山ファームの山美佐江さんが参加者12名に教えたのは、市原市産イチジクで作った加工品2種のビン詰。
 保存ビンは20分ほど煮沸消毒しておく。ワイン煮は、固めのイチジクを水洗いし、5分ほど茹でたあと、取り出してグラニュー糖と赤ワインで煮る。熱いうちビンに移し、汁を加える。はみだした実を押し込むようにフタを軽く締めると汁があふれる。参加者が「こんなに」と驚くほど量だが「イチジクは冷めると縮む」そうだ。
 ジャムは水洗いしたイチジクの皮をむいて、細かく刻む。グラニュー糖を加え混ぜながら「強火で短時間煮る」のがコツ。レモン汁を加え、熱いうちにビンへ。やはりフタを「軽く締める」。ビンの3分の1ほどの高さに鍋にお湯をはり、加工品の入ったビンを30分煮沸。熱いうちにフタを固く締める。逆さまに置き、粗熱を取り、水にくぐらせ冷ます。フタの中央がへこめば、真空状態。
 練りみそなど他の食品もこの方法で保存料を使わず約1年保存できるという。男性参加者は「プロの作り方は色が違う」と完成した淡いオレンジ色のジャムを手に取っていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る