大人も夢中にどんぐり工作!? 1日子どもパーク開園

 市原市ちはら台の清水台公園で、11月3日(祝)に『1日子どもパーク』が開設された。8月から始まった1日子どもパークは年に4回四季折々で開催される予定。
 秋のパークに準備されたメイン道具は『どんぐり』。どんぐりを使って『コマ』や『ヤジロベー』、『どんぐり人形』を作ったり、紙コップでできた『どんぐりけん玉』など10種類の遊びに目を輝かせる子ども達。
 主催のNPO法人東いちはらミュージアムの赤松鐵雄さんは、「自分の責任で自由に遊ぶ、が会のモットーです。今日は1日のイベントですが、毎週木曜日にここで午後3時から放課後子どもパークを開いています。最近は百人近い子どもが来てくれてとても賑わっていますよ」と話す。
 どんぐりの他にも、木にロープを吊るして登ったり、ハンモックに寝転がったりと品を変えて走り回る姿は元気いっぱい!「子ども達に付いて、親御さんもたくさん来てくれている光景を見ると嬉しいですよね。木曜日は、学年や男女関係なく独自のルールを作って遊んでいるようです」とスタッフも楽しそうに語る。
 また、偶然通りがかった大人6人のグループも足を止め、どんぐりに手を伸ばす。火で煎った椎の実を、「懐かしいね!昔は甘いものがなくて、おやつにこれをお腹壊すほど食べたものだよ!」と何個も口に放り込んだ。
 赤松さんは、「清水台公園は、広さもちょうど良く自然も多い。老若男女関係なく遊びに来て欲しいです。スタッフも募集中です」と終始笑顔だった。

問合せ 赤松さん
TEL 0436-52-0076

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る