大人も夢中にどんぐり工作!? 1日子どもパーク開園

 市原市ちはら台の清水台公園で、11月3日(祝)に『1日子どもパーク』が開設された。8月から始まった1日子どもパークは年に4回四季折々で開催される予定。
 秋のパークに準備されたメイン道具は『どんぐり』。どんぐりを使って『コマ』や『ヤジロベー』、『どんぐり人形』を作ったり、紙コップでできた『どんぐりけん玉』など10種類の遊びに目を輝かせる子ども達。
 主催のNPO法人東いちはらミュージアムの赤松鐵雄さんは、「自分の責任で自由に遊ぶ、が会のモットーです。今日は1日のイベントですが、毎週木曜日にここで午後3時から放課後子どもパークを開いています。最近は百人近い子どもが来てくれてとても賑わっていますよ」と話す。
 どんぐりの他にも、木にロープを吊るして登ったり、ハンモックに寝転がったりと品を変えて走り回る姿は元気いっぱい!「子ども達に付いて、親御さんもたくさん来てくれている光景を見ると嬉しいですよね。木曜日は、学年や男女関係なく独自のルールを作って遊んでいるようです」とスタッフも楽しそうに語る。
 また、偶然通りがかった大人6人のグループも足を止め、どんぐりに手を伸ばす。火で煎った椎の実を、「懐かしいね!昔は甘いものがなくて、おやつにこれをお腹壊すほど食べたものだよ!」と何個も口に放り込んだ。
 赤松さんは、「清水台公園は、広さもちょうど良く自然も多い。老若男女関係なく遊びに来て欲しいです。スタッフも募集中です」と終始笑顔だった。

問合せ 赤松さん
TEL 0436-52-0076

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…
  2.  平成の時代は、震度7を記録した大地震が日本で何度も起きている。阪神・淡路、新潟県中越、東日本、熊本、北海道胆振(いぶり)東部。さらに関東…
  3. 俳画と文 松下佳紀 出たばかりの春の満月は手を伸ばせば届きそうな近さと異様な大きさを見せる。家並みや山陰から音もなく浮かび上がってくる赤…
  4. 〜春の嵐の中にも恵みがある〜  このコラムを書いた日は、とても風の強い日でした。風の中を歩きながら、「風は空気があるということだから、あり…
  5. 大網白里市出身で市原市在住の鵜澤綱夫さんは4月7日(日)まで、自宅敷地内にあるギャラリー『壺中庵』にて個展を開催中だ。飾られた作品は茶碗やオ…
  6.  3月9日と16日の2週にわたり、千種コミュニティセンターで開催された講座『室内履きを編む』。袖ケ浦市で編み物サロンを営む中村初江さんを講師…
  7.  3月4日(月)、国分寺公民館で開催された『健康レシピ~野菜 de sweets!(やさいでスイーツ)~』講座。集まった15人の男女は、講師…
  8.  4月後半から5月前半は、ポットの中で種から育てた野菜やハーブの苗を、外の畑へ移植する時期です。風が吹けば飛んでしまう様な小さな種達も、今で…

ピックアップ記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…

イベント情報まとめ

  1. イベント情報まとめ ●ヤマの即売会 4/7(日) 10〜14時 房総萬花園(多田ビニール工業所内) 春期展示即売会 フ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る