こんなの初めて!寺ヨガの世界へどうぞ

 10月31日(土)、市原市佐是の光福禅寺で開催されたヨガ教室、名付けて『寺ヨガ』。新しい試みの講師はヨガインストラクターのマリコさん。集った女性9名は、音楽の流れる本堂に2列に座り、各々自己紹介がスタート。
『ヨガ』と『座禅』には共通点がいくつかある。その中の1つは香り。座禅は『線香』を焚き、ヨガは『アロマ』を使って気を落ち着かせる。座り方や呼吸法の指導後、実際に身体をほぐしていく。「頭から背中に髄液を流します。ポンプがないので自分で動かすしかありません。背中のメンテナンスをしっかりしてあげましょう」とマリコさん。
 仰向けになり、ボールを腰の下に入れて動く時には、少しだけ痛みを感じる人も。肝臓のツボだと聞いて、参加者も「飲み過ぎかしら」と笑うリラックスムード。次第に身体全体に血流が流れ、ぽかぽか温まってくる。適度に水分を取りながら、後半はヨガ二―ドラへ。
 マリコさんの声を静かに聞きながら、横になり瞑想するのだ。『何もしない』で『ただ横になる』ことが目的で、心地良さからか時々寝息の音が漏れる。「途中意識がなかった。それくらい気持ちが良かったです」との感想も多く、身体のバランスに集中できる有意義な時間になったのではないだろうか。
「足の小指なんていつもは全く気にしないですよね。どんな小さな部分でも、ありがとうと感謝をすることが大切です」とマリコさんは話した。今後、寺ヨガは毎月第4土曜日に開催される(要予約)。

問合せ マリコさん
TEL 090・7259・0806

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…
  2.  前回、近い将来起こるであろう世界的な食糧問題について書きましたが、多くの学者は、私達が生き延びるには人間が何万年と育んできた古来からの農法…
  3. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  4. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  5. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  6.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  7. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  8.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る