体協通信 多くの大会・普及活動で幅広い年代が参加

市原市ソフトテニス協会 田中 義昭

 市原市ソフトテニス協会では、ソフトテニスを愛好する皆さんの協力により、各種大会の開催、普及活動等に取り組んでいます。
 平成27年度も、ジュニア(小学生)、中学生、高校生、一般、成年(35歳以上)、壮年(45歳以上)、レディス(家庭婦人)等の種別に分かれ、大会・普及活動等を実施しました。大会は17回(21日間)です。特に、27年度から、ジュニア層の強化・普及を目指し、ジュニアの部の大会を実施しました。又、ソフトテニスを愛好する皆さんの交流、親睦を深めるため「エンジョイソフトテニス交流大会」も実施しました。これらの多くの大会・普及活動に小学生から70歳を超える壮年の方までの幅広い参加者がありました。
 本年度、特筆すべき事は、県民体育大会ソフトテニス女子の部で、代表チームが見事4位入賞を果たしました。過去、男子チームは優勝や入賞経験がありましたが、女子チームは、今一歩で入賞を逃がしていました。本年度のべスト4入賞に会員一同、地道な強化活動の成果の賜物と喜んでいます。今後もさらなる飛躍を目指して活動していきます。
 会員の中には、世界大会へ代表となった方、全国大会へ千葉県代表として選出された方、各種全国大会・関東大会等で優勝・入賞された方等多数おります。それらの方々を手本にしながら、今後もソフトテニスの強化・普及に取り組んでいきたいと思っています。ご支援・ご協力をお願い致します。なお、大会予定、申し込み方法、問合せ等は、「市原市ソフトテニス協会ホームぺージ」をご覧ください。

http://ichiharasohutotenisukyoukai.web.fc2.com/

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…
  2.  自宅庭の落葉を片付けていたら、ゴツイ感のあるクロベンケイガニがじっとしていました。この時期は気温が低く、冬眠状態です。  クロベンケイガ…
  3.  風に揺れだしそうなコスモスの花、鳥が今にも飛んで来そうなチャイニーズホーリーの赤い実。 白地に描かれた植物からは、花びらや葉の手触りまで伝…
  4.  道の駅『みのりの郷東金』『東金マルシェ』で販売されているベジ・スイーツ『東金天門どう』。東金市の歴史文化を研究し生み出された銘菓です。 …
  5. 「寿」の文字をあしらった小袖、漁師の晴れ着と言われる「万祝(まいわい)」。県立中央博物館 大多喜城分館では、今年度の企画展として「福を呼ぶ小…
  6. 「失敗をしたと思うときはいつだって、それがあなたにとっての利益になる。素晴らしいことを成し遂げたという思いしかないというのなら、あなたはお…
  7.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…
  8.  毎年この季節は、卵やバターたっぷり濃厚な、オーブンで焼き上げる伝統的パンプキンタルトを作っていました。長い間そうした材料を使うのが当たり前…

ピックアップ記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る