体協通信 多くの大会・普及活動で幅広い年代が参加

市原市ソフトテニス協会 田中 義昭

 市原市ソフトテニス協会では、ソフトテニスを愛好する皆さんの協力により、各種大会の開催、普及活動等に取り組んでいます。
 平成27年度も、ジュニア(小学生)、中学生、高校生、一般、成年(35歳以上)、壮年(45歳以上)、レディス(家庭婦人)等の種別に分かれ、大会・普及活動等を実施しました。大会は17回(21日間)です。特に、27年度から、ジュニア層の強化・普及を目指し、ジュニアの部の大会を実施しました。又、ソフトテニスを愛好する皆さんの交流、親睦を深めるため「エンジョイソフトテニス交流大会」も実施しました。これらの多くの大会・普及活動に小学生から70歳を超える壮年の方までの幅広い参加者がありました。
 本年度、特筆すべき事は、県民体育大会ソフトテニス女子の部で、代表チームが見事4位入賞を果たしました。過去、男子チームは優勝や入賞経験がありましたが、女子チームは、今一歩で入賞を逃がしていました。本年度のべスト4入賞に会員一同、地道な強化活動の成果の賜物と喜んでいます。今後もさらなる飛躍を目指して活動していきます。
 会員の中には、世界大会へ代表となった方、全国大会へ千葉県代表として選出された方、各種全国大会・関東大会等で優勝・入賞された方等多数おります。それらの方々を手本にしながら、今後もソフトテニスの強化・普及に取り組んでいきたいと思っています。ご支援・ご協力をお願い致します。なお、大会予定、申し込み方法、問合せ等は、「市原市ソフトテニス協会ホームぺージ」をご覧ください。

http://ichiharasohutotenisukyoukai.web.fc2.com/

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  2. 【写真】メインビジュアルデザイン:岡﨑 真理⼦(REFLECTA, Inc.)  千葉県誕⽣150周年記念事業の⼀環と…
  3.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  4.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  5.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  6.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  7. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  8.  市原湖畔美術館では、百年後芸術祭|内房総アートフェス|の一環として『ICHIHARA×ART×CONNECTIONS|交差する世界とわたし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る