体協通信 多くの大会・普及活動で幅広い年代が参加

市原市ソフトテニス協会 田中 義昭

 市原市ソフトテニス協会では、ソフトテニスを愛好する皆さんの協力により、各種大会の開催、普及活動等に取り組んでいます。
 平成27年度も、ジュニア(小学生)、中学生、高校生、一般、成年(35歳以上)、壮年(45歳以上)、レディス(家庭婦人)等の種別に分かれ、大会・普及活動等を実施しました。大会は17回(21日間)です。特に、27年度から、ジュニア層の強化・普及を目指し、ジュニアの部の大会を実施しました。又、ソフトテニスを愛好する皆さんの交流、親睦を深めるため「エンジョイソフトテニス交流大会」も実施しました。これらの多くの大会・普及活動に小学生から70歳を超える壮年の方までの幅広い参加者がありました。
 本年度、特筆すべき事は、県民体育大会ソフトテニス女子の部で、代表チームが見事4位入賞を果たしました。過去、男子チームは優勝や入賞経験がありましたが、女子チームは、今一歩で入賞を逃がしていました。本年度のべスト4入賞に会員一同、地道な強化活動の成果の賜物と喜んでいます。今後もさらなる飛躍を目指して活動していきます。
 会員の中には、世界大会へ代表となった方、全国大会へ千葉県代表として選出された方、各種全国大会・関東大会等で優勝・入賞された方等多数おります。それらの方々を手本にしながら、今後もソフトテニスの強化・普及に取り組んでいきたいと思っています。ご支援・ご協力をお願い致します。なお、大会予定、申し込み方法、問合せ等は、「市原市ソフトテニス協会ホームぺージ」をご覧ください。

http://ichiharasohutotenisukyoukai.web.fc2.com/

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る