マンドリン独特の美しい響き、合奏する楽しみを

サークル『マンドリーノ・コスモス』

 イタリア発祥の撥弦(はつげん)楽器、マンドリンの魅力は何といってもあの虫が羽をふるわせて出すような美しい音色だろう。弦を早い反復で弾き音を持続させるトレモロという奏法。ザワザワと押し寄せる波のようにも聞こえ、その表情は曲によって微妙に変化する。
 マンドリンを中心に構成し、市原市内で活躍しているサークルがある。『マンドリーノ・コスモス』だ。発足したのは1995年4月。マンドリンとギターの愛好者が、音楽を通じ地域の人々と交流を図ることを目的として結成された。サークル名は市原市のシンボルとなっている花、コスモスが由来。メンバーは主婦やサラリーマン、定年退職を迎えた人など40から60代の約30名。経験者もいれば、同サークルに入って初めてマンドリンに触れたという人も。毎月第2・4日曜日の13時から17時まで国分寺公民館で合奏練習を行っている。熱心に取り組んでいる人が多く参加率がとても高いとのこと。
 船橋市在住の田辺秀幸さんと、昨年からは同サークルのメンバーである稲場満寛さんが指揮をとっている。田辺さんは「音を楽しんでもらいたい」と定期演奏会を開始した15年前から指導にあたっているが「演奏会を経るごとに、どんどん上達しています。みんなで1つの音楽を作ろうという気合いが伝わってきますね」優しく柔和な口調で話す。合奏の合間には「ここはトレモロを使うのですか」、「2小節目のクレッシェンドはどんなふうに?」など、盛んに質問が飛ぶ。演奏者と指揮者が自由に気兼ねなく話せるアットホームで落ち着いた雰囲気。居心地が良いのか、入会したメンバーのほとんどが継続している。メンバーの約4分の1は創部当時から20年続いているベテラン奏者だ。
 楽団の構成はマンドリン、マンドラ、マンドセロとギターにフルートが1名。マンドリンはイチジクの実を縦に割ったような形で、同じ音の高さの弦が2本ずつ、計8本の弦を有する。マンドラ、マンドセロと順に楽器が大きくなり、音は低くなる。オーケストラのバイオリン、ビオラ、チェロといったところだ。
 演奏する曲目はステージによって趣向を変える。福祉施設への慰問では『丘を越えて』、『みかんの花咲く丘』など入所者がともに楽しめる曲を演奏。あるメンバーは「みなさん、自然と口ずさんで下さいます。何度か訪問していると、あのおばあちゃんは今年も元気だなとわかる。喜んでくれるし聴いてもらえてよかったといつも思います」と話す。年に1度の定期演奏会では、マンドリンのオリジナル曲を中心とした第1部と有名なポップスや映画音楽などを集めた第2部とに分けて披露。第1部には、市原市在住、『ハッピーいちはら』の作曲者でもある藤掛廣幸さんが作曲したものが必ず入っている。取材日に練習していたのは『スペイン組曲第2番』、『タンゴアルバム』、『北の国から』など。懐かしいような、哀愁に満ちた音色が次々と重なり生まれる深い響きは圧巻だ。『スペイン組曲』では、情熱的で壮観な印象を与えることも。「心が癒されます。マンドリンは演歌やスタジオジブリの音楽にも使われているし、日本人の情緒にぴったりと合いますね」と、マンドリン奏者の女性。サークルの代表を務める辻清司(きよし)さんはマンドセロ担当。入会したきっかけは12年前に同サークルの定期演奏会を聴きに行ったこと。大学で4年間続けてきたマンドセロ。「当時の思い出がよみがえり、また弾きたいと思いました」と話す。
 仕事の合間の息抜きに、子育てが一段落したから、退職後の趣味として、様々な理由で集まったメンバー。「リフレッシュできますよ。マンドリンは大衆楽器。気負わず、みんなで合奏を楽しめるのがいい」。もちろん楽しむだけではない。「お客さんを感動させる音楽を作りたい」との思いから、個々の練習にも力を入れ緊張感をもって本番に臨む。それはベテランになっても変わらない。
 一緒に楽しく合奏したい人募集。会費は月2千円。第15回定期演奏会は2月21日(日)、市原市市民会館大ホールにて。開演14時(開場13時30分)。入場無料。

問合せ 辻さん
TEL 0436・52・0489

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  2.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  3.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  4. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  5.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  6.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…
  7. 『オペラ』は敷居の高い芸術…。そんな一般的イメージを払拭するかのように老若男女が楽しみながら和気藹々と稽古し舞台を重ねる『勝浦歌劇団』。総…
  8. ~助けていただいた命~ 私には4人の子どもがおりますが、3番目の子どもが妊娠4カ月の頃、切迫早産で大量出血し、緊急入院したことがありました…
  9.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  10. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…

ピックアップ記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る