私たちが出したごみはどこへ行くの?

 昨秋、戸田コミュニティセンターで主催講座『家庭ごみの行方は リサイクルで減量を学ぶ』が行われた。講師、市福増クリーンセンターの細野佑介さんは同センターの施設紹介と家庭ごみが処理される過程を説明し、ごみを減らすためのリデュース(廃棄物の抑制)、リサイクル(再資源化)、リユース(再使用)について呼びかけた。
 市内で集められた「燃やすごみ」は1日約220トン。クリーンセンターにある2つの工場で焼却され、その灰はブロックなどに再生されたり市平蔵(へいぞう)一般廃棄物最終処分場に埋め立てられたりする。「燃やさないごみ」と「粗大ごみ」は粗大ごみ処理施設で破砕され、燃える部品は焼却、燃えないものは埋め立てられる。例えば、金具のついた木製のハンガーを「燃やさないごみ」に出せば種類別に分解されて処理される。資源物は民間に売却され再資源化される。 
 ごみ処理について意識の高い参加者が多く、施設に関する質問や「ごみの減量は市民の義務だよね」などど活発な意見が飛び交った。「スーパーでレジ袋を断るのもリデュースにつながりますね」と細野さん。
 クリーンセンターでは随時見学を受け付けている。自分の目で現状を見てみるとごみを減らそうとの意欲もわくのではないだろうか。

問合せ 福増クリーンセンター
TEL 0436・36・1185

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  2. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…
  3. 俳画と文 松下佳紀 太陽が沈んでも、まだ明るい夕空。そこに大粒の星がひとつ灯る。一番星だ。それを目敏く見つけた一番蛙が星と目を合わせケロロ…
  4.  山武郡横芝光町で戦前から自家製のぶどうでワインを作り続けてきた『齊藤ぶどう園』では、新たな後継者である齊藤雅子さんが日々奮闘しながら、…
  5.  先日から、各ニュースで報道されていた『5段階の警戒レベルを用いた避難情報』。国が平成30年7月の西日本豪雨の被害を踏まえ改訂したもので…
  6.  5月2日(木)、市原湖畔美術館で開催されたのは『房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020 キックオフイベント』。総合ディレクタ…
  7.  5月12日(日)、ゼットエー武道場相撲場にて市原市民体育大会相撲競技が、市原市相撲協会(藤田明男会長)主管で開催された。当日は小中学校…
  8.  4月27日(土)、有秋公民館主催で行われた『フラワーアレンジ』には7名の男女が集まった。5月12日(日)の母の日を控えていたこともあり…
  9.  市原市在住の大水優香(おおみずゆか)さんは昨年5月から今年3月にかけて、国家プログラムの1つ『日本語パートナーズ派遣事業』によりタイの…
  10.  朝起きてから夜寝るまで、私たちの暮らしは守られています。世界各地からニュースとして入ってくる戦争や内乱、飢餓など、国全体を巻き込むよう…

ピックアップ記事

  1.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…

イベント情報まとめ

  1. ◆イベント ●山野草即売会 6/23(日) 9〜15時 房総萬華園(多田ビニール内) 落合 tel.090-6310-9251  ●上総国…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る