私たちが出したごみはどこへ行くの?

 昨秋、戸田コミュニティセンターで主催講座『家庭ごみの行方は リサイクルで減量を学ぶ』が行われた。講師、市福増クリーンセンターの細野佑介さんは同センターの施設紹介と家庭ごみが処理される過程を説明し、ごみを減らすためのリデュース(廃棄物の抑制)、リサイクル(再資源化)、リユース(再使用)について呼びかけた。
 市内で集められた「燃やすごみ」は1日約220トン。クリーンセンターにある2つの工場で焼却され、その灰はブロックなどに再生されたり市平蔵(へいぞう)一般廃棄物最終処分場に埋め立てられたりする。「燃やさないごみ」と「粗大ごみ」は粗大ごみ処理施設で破砕され、燃える部品は焼却、燃えないものは埋め立てられる。例えば、金具のついた木製のハンガーを「燃やさないごみ」に出せば種類別に分解されて処理される。資源物は民間に売却され再資源化される。 
 ごみ処理について意識の高い参加者が多く、施設に関する質問や「ごみの減量は市民の義務だよね」などど活発な意見が飛び交った。「スーパーでレジ袋を断るのもリデュースにつながりますね」と細野さん。
 クリーンセンターでは随時見学を受け付けている。自分の目で現状を見てみるとごみを減らそうとの意欲もわくのではないだろうか。

問合せ 福増クリーンセンター
TEL 0436・36・1185

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る