嫌われ者!?でもユーモラスで愛くるしいカワウ

 ウというと鵜飼を連想する人が多いであろう。素潜りが上手で、潜って魚を丸呑みする。しかしながら、魚は船上で鵜匠により吐き出させられる。一生懸命さと健気なイメージのある水鳥だ。
 日本で観察できるウの多くはウミウとカワウである。市原近郊の海、川、池で見られるのは、ほとんどがカワウで、全長約80㎝、全体に褐色がかった黒色をしている。カワウはほぼ留鳥、年間でコロニーを形成するが、市原近郊で大きなコロニーというと山倉ダムが有名だ。ダムの中の陸地の林に約300羽が集まり、ダム周回の歩道から観察すると、木々がカワウの糞で真っ白に染め上げられているのがわかる。
 糞は異臭を放ち、貯水池を富栄養化させ、アオコなどの発生で更に異臭を放つ。人間にとっては糞害である。また、1日当たり300から500gの魚類を捕食する大食漢で、分布拡大と個体数の増加が、特にアユなどの内水面漁業において被害を大きくし、防除対策や駆除が各地で行われている。このように今は嫌われ者だが、糞に窒素とリンが多く含まれるため、かつては、人間がカワウのコロニーの下にムシロを敷き、カワウの糞を集めて肥料として利用していた時期もあった。千葉市の大巖寺にあった「鵜の森」が代表的な例であり、県の天然記念物に指定されていた。
 何かと物議を醸し出すカワウだが、木や杭の上に止まり、時折見せる羽を広げてパタパタさせる仕草は、ユーモラスで可愛い。水に潜るので撥水性が弱く羽が濡れやすい。そのままでは飛翔しにくいので乾かすのだ。また、繁殖時になると頭部と腰部に白い繁殖羽が現れ、白髪のおじいさんのようなやさしい風貌を見せてくれる。このように身近な存在のカワウだ。上手く付き合う方法を考えて行く必要がある。

(ナチュラリストネット/岡嘉弘)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市本須賀海岸のほど近く、住宅街の一角に、和泉奏平美術館がある。1993年に48才と若くして逝った画家・和泉奏平の遺作を、自宅アト…
  2. ◇新型コロナで不審な電話が増加中!  県内の個人宅では、「コロナのことで調べている」という不審な電話が確認されています。市役所職員を…
  3.  2020年は「更級日記」作者・菅原孝標娘(すがわらのたかすえのむすめ)の帰京から1000年。作者は父の上総介(かずさのすけ)任務に伴い、上…
  4.  市原市内の古道に道標を作成・設置し、椎津城跡の整備に協力するなど、文化遺産啓発活動や地域行事に協力を続けている姉崎高校の生徒らが、この…
  5.  サッカー場施設の「市原スポレクパーク」は、子どもから大人までサッカー愛好家が集まる市民・県民のための施設です。広大なピッチはナイター設備を…
  6.  分蜂の季節。ニホン蜜蜂を飼っている者にとっては待ち遠しい、期待に胸膨らむ季節です。桜の花が咲いた2週間後くらいが目安で、偵察蜂が新しい棲み…
  7. 「ダメダメッ、沼の主がいるよ。行っちゃだめー」と、子どもたちが人形に向かって必死に叫ぶ。人形劇『やまなしもぎ』の一場面でのことだ。上演…
  8. ◇多発する車上荒らし、部品盗難に注意!  市原警察署管内では最近、車上ねらいやナンバープレートを狙った部品ねらいの盗難が多発していま…
  9. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  10.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察で…

ピックアップ記事

  1.  山武市本須賀海岸のほど近く、住宅街の一角に、和泉奏平美術館がある。1993年に48才と若くして逝った画家・和泉奏平の遺作を、自宅アト…

イベント情報まとめ

  1. ※イベントの開催につきまして、ご確認の上ご参加いただきますようお願い申し上げます。 ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~2…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る