嫌われ者!?でもユーモラスで愛くるしいカワウ

 ウというと鵜飼を連想する人が多いであろう。素潜りが上手で、潜って魚を丸呑みする。しかしながら、魚は船上で鵜匠により吐き出させられる。一生懸命さと健気なイメージのある水鳥だ。
 日本で観察できるウの多くはウミウとカワウである。市原近郊の海、川、池で見られるのは、ほとんどがカワウで、全長約80㎝、全体に褐色がかった黒色をしている。カワウはほぼ留鳥、年間でコロニーを形成するが、市原近郊で大きなコロニーというと山倉ダムが有名だ。ダムの中の陸地の林に約300羽が集まり、ダム周回の歩道から観察すると、木々がカワウの糞で真っ白に染め上げられているのがわかる。
 糞は異臭を放ち、貯水池を富栄養化させ、アオコなどの発生で更に異臭を放つ。人間にとっては糞害である。また、1日当たり300から500gの魚類を捕食する大食漢で、分布拡大と個体数の増加が、特にアユなどの内水面漁業において被害を大きくし、防除対策や駆除が各地で行われている。このように今は嫌われ者だが、糞に窒素とリンが多く含まれるため、かつては、人間がカワウのコロニーの下にムシロを敷き、カワウの糞を集めて肥料として利用していた時期もあった。千葉市の大巖寺にあった「鵜の森」が代表的な例であり、県の天然記念物に指定されていた。
 何かと物議を醸し出すカワウだが、木や杭の上に止まり、時折見せる羽を広げてパタパタさせる仕草は、ユーモラスで可愛い。水に潜るので撥水性が弱く羽が濡れやすい。そのままでは飛翔しにくいので乾かすのだ。また、繁殖時になると頭部と腰部に白い繁殖羽が現れ、白髪のおじいさんのようなやさしい風貌を見せてくれる。このように身近な存在のカワウだ。上手く付き合う方法を考えて行く必要がある。

(ナチュラリストネット/岡嘉弘)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る