嫌われ者!?でもユーモラスで愛くるしいカワウ

 ウというと鵜飼を連想する人が多いであろう。素潜りが上手で、潜って魚を丸呑みする。しかしながら、魚は船上で鵜匠により吐き出させられる。一生懸命さと健気なイメージのある水鳥だ。
 日本で観察できるウの多くはウミウとカワウである。市原近郊の海、川、池で見られるのは、ほとんどがカワウで、全長約80㎝、全体に褐色がかった黒色をしている。カワウはほぼ留鳥、年間でコロニーを形成するが、市原近郊で大きなコロニーというと山倉ダムが有名だ。ダムの中の陸地の林に約300羽が集まり、ダム周回の歩道から観察すると、木々がカワウの糞で真っ白に染め上げられているのがわかる。
 糞は異臭を放ち、貯水池を富栄養化させ、アオコなどの発生で更に異臭を放つ。人間にとっては糞害である。また、1日当たり300から500gの魚類を捕食する大食漢で、分布拡大と個体数の増加が、特にアユなどの内水面漁業において被害を大きくし、防除対策や駆除が各地で行われている。このように今は嫌われ者だが、糞に窒素とリンが多く含まれるため、かつては、人間がカワウのコロニーの下にムシロを敷き、カワウの糞を集めて肥料として利用していた時期もあった。千葉市の大巖寺にあった「鵜の森」が代表的な例であり、県の天然記念物に指定されていた。
 何かと物議を醸し出すカワウだが、木や杭の上に止まり、時折見せる羽を広げてパタパタさせる仕草は、ユーモラスで可愛い。水に潜るので撥水性が弱く羽が濡れやすい。そのままでは飛翔しにくいので乾かすのだ。また、繁殖時になると頭部と腰部に白い繁殖羽が現れ、白髪のおじいさんのようなやさしい風貌を見せてくれる。このように身近な存在のカワウだ。上手く付き合う方法を考えて行く必要がある。

(ナチュラリストネット/岡嘉弘)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いちはら地域ネコの会は、不幸なノラネコがいない地域社会を目指すことを目的に、平成24年に設立されたボランティア団体。地域ネコとは地域の理解…
  2.  いつも通る雑木林の奥に、輝いているかのように際立つ赤褐色の木を見つけた。マツ科マツ属の常緑高木、アカマツ(赤松)であった。  大きなもの…
  3.  昨年11月21日(日)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて開催された『もんきりワークショップ』。午前と午後の2回行われたワー…
  4.  社交ダンスに限らず、特に魅せるスポーツにおいては選手の「表情」が大きな意味をもっていますが、このコロナ禍において、すでに2年近くの間、表情…
  5.  昨年10月19日、山武市の松尾IT保健福祉センターにて、山武市保健推進員協議会主催の『知ってる?パッククッキング~災害時常備食クッキング~…
  6.  明けましてておめでとうございます。草花や野菜と共に生活をしていると、四季の移り変わりもよりあっという間のような感じがします。昨年は園芸だけ…
  7.  東金市の八鶴湖畔に建つ『八鶴館(はっかくかん)』は、明治創業の割烹旅館として長年人々に愛されてきた。現存する建物は大正から昭和初期に建てら…
  8.  袖ケ浦市久保田在住の淡彩画家、澤井幸男さん。自身の作品『渓流の詩』がドイツ・エアバッハブドウ栽培組合ブランドワインのボトルラベルに採用され…
  9.  先月12月4日(土)、栃木県那須塩原市で行われた第30回関東中学校駅伝競走大会で、千葉県代表として出場した五井中学校と有秋中学校が優秀な成…
  10.  市原市は東京湾に面していても、残念ながら海で楽しめる場所がほとんど無い。唯一楽しめる場所は養老川河口で、海釣り公園があり、数多くの子供から…

ピックアップ記事

  1.  昨年11月21日(日)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて開催された『もんきりワークショップ』。午前と午後の2回行われたワー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る