嫌われ者!?でもユーモラスで愛くるしいカワウ

 ウというと鵜飼を連想する人が多いであろう。素潜りが上手で、潜って魚を丸呑みする。しかしながら、魚は船上で鵜匠により吐き出させられる。一生懸命さと健気なイメージのある水鳥だ。
 日本で観察できるウの多くはウミウとカワウである。市原近郊の海、川、池で見られるのは、ほとんどがカワウで、全長約80㎝、全体に褐色がかった黒色をしている。カワウはほぼ留鳥、年間でコロニーを形成するが、市原近郊で大きなコロニーというと山倉ダムが有名だ。ダムの中の陸地の林に約300羽が集まり、ダム周回の歩道から観察すると、木々がカワウの糞で真っ白に染め上げられているのがわかる。
 糞は異臭を放ち、貯水池を富栄養化させ、アオコなどの発生で更に異臭を放つ。人間にとっては糞害である。また、1日当たり300から500gの魚類を捕食する大食漢で、分布拡大と個体数の増加が、特にアユなどの内水面漁業において被害を大きくし、防除対策や駆除が各地で行われている。このように今は嫌われ者だが、糞に窒素とリンが多く含まれるため、かつては、人間がカワウのコロニーの下にムシロを敷き、カワウの糞を集めて肥料として利用していた時期もあった。千葉市の大巖寺にあった「鵜の森」が代表的な例であり、県の天然記念物に指定されていた。
 何かと物議を醸し出すカワウだが、木や杭の上に止まり、時折見せる羽を広げてパタパタさせる仕草は、ユーモラスで可愛い。水に潜るので撥水性が弱く羽が濡れやすい。そのままでは飛翔しにくいので乾かすのだ。また、繁殖時になると頭部と腰部に白い繁殖羽が現れ、白髪のおじいさんのようなやさしい風貌を見せてくれる。このように身近な存在のカワウだ。上手く付き合う方法を考えて行く必要がある。

(ナチュラリストネット/岡嘉弘)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 額縁の中で、少女が膝を抱えて座っている。母が子を抱いている。林はどこまでも続き、月は海を照らす。孤独、不安、慈しみ、希望。静謐をたたえる絵画…
  2. 「スマイルシンデレラ」渋野日向子選手が、42年ぶりに日本人メジャー優勝を遂げた全英オープン。パッと明るく爽やかなプレースタイルは多くの人に注…
  3.  8月16日(金)、市原市ボランティア連絡協議会(V連協)主催の『夏休み親子体験教室 つくってあそぼう』が、アネッサ(市原市姉崎保健福祉セン…
  4.  現在、市原鶴舞郵便局で開催中の『写真と資料から振り返る市原市の誕生』展。昭和38年5月1日、五井・姉崎・市原・市津・三和の5町が合併して…
  5.  夏から秋、山道を歩くと突然クモの糸に引っかかることがある。クモには申し訳ないが、その後は木の枝を手に、巣を除去しながら歩く。この季節、大き…
  6.  6月の終わり頃になると、いつもの散歩コースに『くちなしの花』が可憐な香りを漂わせて咲いています。私はそこを通るたびに花の香りに癒されて幸せ…
  7.  山武市で食育に力を入れるボランティア団体『アグリさんむ』。平成18年、4町村合併の際に成東、松尾、蓮沼の旧町村の食育グループが統合、3つの…
  8.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  9. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  10. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1. 額縁の中で、少女が膝を抱えて座っている。母が子を抱いている。林はどこまでも続き、月は海を照らす。孤独、不安、慈しみ、希望。静謐をたたえる絵画…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る