歌手気分でデュエット

 2月13日、千種コミュニティセンターで主催講座『皆でデュエット』が開かれ21名が参加した。『なつメロを歌う』のタイトルで60歳以上を対象に年に5、6回行われており通常は昭和の歌謡曲を全員で歌う。今回はバレンタインデーにちなんで『銀座の恋の物語』など甘いムードたっぷりのデュエット曲20曲を男女それぞれのパートに分かれて楽しんだ。
 健康体操の映像も搭載されたカラオケ機材で、『高原列車は行く』などの曲に合わせて体操を行ってからカラオケタイム。イントロが流れると雰囲気はまるで居酒屋。体を揺らしリズムをとりながら気持ちよさそうに声を出す。好きな曲が流れてくると自然と心もこもる。「はい、次は男性だよー」、「石原裕次郎になった気分でね!」と楽しい合いの手を入れるのは進行役を務める市内在住の森由美子さん。「字を追うことは認知症予防にもなるし、大きな口を開けることは口周りの筋肉を鍛えることにもつながる。音程など気にせずに、いっぱい笑ってもらえたら」と曲の合間に矢継ぎ早に冗談を飛ばす。
「ひとりではなく、みんな一緒に歌うので下手でも楽しめる」と参加者は笑顔で話した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る