里山と人をつなぐ 家族で山林を開拓し、森の中に楽園レストランをオープン

「自然の中で四季を感じながら、くつろいでもらえたら」
ふらんす屋オーナーシェフ 坂本 義一さん(山武市)

 通りから一本中へ入るとクリニックや保育園があり、その先に森をバックに建つ住宅とレストランが見えてくる。3年前にオープンした洋食店と、店のオーナー夫妻が暮らす家だ。オーナーシェフの坂本義一さん(65)は茨城県出身。調理師学校卒業後、コックを目指し5年間、地元の潮来や鹿島のレストランで修行を積み、その後、東京のホテルで腕を磨き、27歳の時に独立し習志野市での開業を経て、移住した八街市でフランス料理店をオープンさせた。
 当初、「ガチガチのフレンチ」だったが、周辺には成田のホテル以外に本格的なフレンチの店はなく、空港が近いことから「ホテルより安くフレンチが食べられる」と、客室乗務員らの支持を得たが、まもなく一般の人にも受け入れられるよう、フレンチベースの洋食屋へと路線を変更し以後32年間営業。
 60歳になったら店の規模は縮小しのんびりとガーデニングを楽しむ暮らしがしたいと、57歳になると500坪くらいの土地を探し始めた。しかし、なかなか希望に合う物件が見つからず、山武市まで範囲を広げたところ、現在の場所を見つけ気に入って購入することに。当初の予定より広い2千坪の山林だった。この場所を見た時、森の中のレストラン構想が閃いた。「私と妻、息子や娘、そして店のオープンを待たず亡くなってしまった母と家族総出で、5年かけて山林を開拓して、店と自宅の建設予定地を造成し、同時に畑や庭も造りました。伐採した木で庭の休憩所のベンチやテーブルを作ったりも。私は子どもの頃、実家の山の枝払いをしたことはあったけれど、チェーンソーや草刈り機を使ったのは初めて。大変でしたが、今、思えば自分たちで開拓したからこそ土地に対する愛着が強くなったと思います」と、坂本さんは当時を振り返る。
 森に注ぐ陽光や吹き渡る緑の風、鳥のさえずり、敷地内の庭に植えられた木々や草花から、四季を感じてほしいと話す。「ここに来て、美味しく食事を召し上がって、庭を散歩したりして、のんびり過ごしてもらえたら」という思いから、春に『さくらまつり』、初夏には『紫陽花まつり』、夏にはビアガーデン、秋に『もみじ祭り』、昨年からハロウィンのイベントも催した。季節のイベントを通して、自然と触れ合ったり草木を愛でる機会を提供しようと考えている。桜は元からある山桜や上溝桜に加え、河津桜や染井吉野など5種類を植樹。35本の桜がある。紫陽花も「珍しい種を見つけると、どんどん植えていった」と、多種多様な300株が自慢。
 敷地内の菜園で育て収穫した野菜や果物は新鮮さが身上。料理やデザートの食材にするのだが、自然豊かな土地ゆえ野生動物も多く、「いいところまで育つと、ハクビシンにやられちゃう」被害も。そのため、メインは地元JA産野菜を使うようにして、常に鮮度の良い食材で料理を提供するように心がけている。
 シェフ歴38年。初めは独身で来店したお客さんが結婚して子どもと、更に孫が生まれてと三世代での来店もしばしば。店を移転しても変わらず通ってくれるお客さんが多い。その理由を尋ねると「そうですね。心を込めて作る料理だからかな。絶対、できあいのものは使わない。すべて、一から作る。たとえば代表的なものなら、デミグラソースは15日かけて作るし、ハンバーグにしても塊肉から品定めして、これを挽肉にするところから始め、コンソメスープ等は煮込む前に鶏ガラ出汁で仕込み、それから牛肉で煮込むなど。ホワイトソースも然り。時間と手間暇かけて作ります」とのこと。
 薪ストーブが置かれた梁のある高い天井の店内に隣接して、屋根付きガーデン席(ガーデンカフェ)もある。外はペット可。パティシエの娘さんがデザートや菓子作りを担当し、より一層スイーツの充実も目指す。
 32年間、店を営業し生活もしてきた八街市で社会人講話の講師を依頼され、現在地に移住するまでの5年間の開拓と、己の夢の実現について語ったことがある。そして今、かつての夢を叶え、自宅敷地内にレストランはもちろん、畑や庭仕事ができる土地を手に入れた。「若い頃から常にステップアップして生きたいと思っていた」坂本さん。「妻とふたりで、こぢんまりと店をやる」という当初の目論見は外れてしまったが、想定外だった広大な森を生かす店づくりをと新たな目標を持つに至った。「これからは、このロケーションを生かした、それでいて、居心地の良い楽園のような食や遊びの場を演出していけたら」と話す。4月末にドッグランが完成予定。庭に子ども用の遊具を設置することも計画中。
 今年の『さくらまつり』は、明日、4月3日(日)(日10時から15時に開催。お花見弁当や桜のデザート(アイスクリームやシフォンケーキ)の販売、手作り小物・雑貨販売、フリーマーケット、野外コンサート、フラダンス等、盛りだくさんのイベントを開催する。雨天中止。

問合せ ふらんす屋(山武市椎崎1321─2)
TEL 0475・80・7887
(毎週月曜日・第2・4火曜日定休、洋食ダイニング11~15時、17時30分~21時30分、ガーデンカフェ11~15時)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市南部の海沿いに位置する緑海(みどりみ)地区。同地区を流れる木戸川の堤防沿いには、120本のカワヅザクラが植えられている。並木は同地区…
  2.  12月13日(日)、山武市蓮沼交流センターにおいて同センター主催の『米粉いらずのお米蒸しパン教室』が開催された。新型コロナ感染予防のため、…
  3.  里山では紅紫色の花が咲き始める頃である。高さ20~50センチのケシ科キケマン属でムラサキケマン(紫華鬘)。「華鬘」とは仏前にいつも花が飾っ…
  4.  毎年11月から翌年4月くらいまでの、いまだ気温が低いうちに、ハーブをたっぷりと刷り込んだベーコンを数回に分けて作りおきしています。真空パッ…
  5.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…
  6.  水辺でよく見かけるアオサギ。日本で見られるサギの仲間の中で最も大型で、長い首とスラリとした足が特徴だ。体長95センチ前後、翼を広げると1メ…
  7. 「梅ケ瀬」それは広く知られた紅葉の景勝地、そして市原には珍しい、つららを始めとする氷の渓谷でもある。養老渓谷駅の先を右に回って進み大福山の下…
  8.  森の中での生活に薪ストーブは欠かす事は出来ません。木々に囲まれた生活をする理由の1つには薪で暖を取りたい事も含まれていました。木は二酸化炭…
  9.  2015年に運行を開始したトロッコ列車「房総里山トロッコ」は、土休日を中心に五井~上総牛久~養老渓谷間を走り、開放感あふれる車窓から、春は…
  10.  国の天然記念物で、国際地質科学連合IUGSが国際境界模式地(GSSP)として承認した地磁気逆転地層・チバニアン。市は多くの人が来訪し交流で…

ピックアップ記事

  1.  山武市南部の海沿いに位置する緑海(みどりみ)地区。同地区を流れる木戸川の堤防沿いには、120本のカワヅザクラが植えられている。並木は同地区…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る