春色がキレイ! さっぱりケーキ寿司

 3月11日、加茂公民館で主催事業『押し寿司』が行われ14名が参加した。講師はJA市原市女性部の大曽根実ゑ子さんとアシスタント3名。牛乳パックを型に利用し、見た目もキレイな『ひし形ケーキ寿司』を作った。参加者はおしゃべりが大好きな女性ばかり、賑やかにスタートを切った。
 まずは型作り。牛乳パックの側面4枚を切り取ってそれぞれ端を折り、ホッチキスでつなげてひし形にする。寿司飯は、酢の代わりにレモン汁を使用。素材にこだわる同部の皆さんが調達したのは大きくて香りのいいレモン。地元でとれた無農薬のものだ。「酸味はすぐに飛ぶので多めに絞ってね」と大曽根さん。
 先ほど作った型にラップを敷き、炒り卵をスプーンで押しながら丁寧に敷き詰める。さらに白い寿司飯、青のりを混ぜた緑色の寿司飯、でんぶとサケフレークを混ぜた桃色の寿司飯の順に敷き詰め、皿を上にかぶせてひっくり返す。ゆでた菜の花、スモークサーモン、トビッコ、パセリや生姜などをトッピングしたら完成。デコレーションケーキのような出来栄えに「形を崩すのがおしいわね」と言いながらも端から少し試食。「美味しい、レモンが効いてさっぱりしている。子どもには酢よりいいかもね」と参加者。1人で4、5人分を作ったので、ほとんどはお土産として持ち帰り。「ご飯を重ねていく段取りが楽しかった」、「青のりを青菜に変えたり、応用もきくわね」との声も。
 牛乳パックの型は、好みのサイズに合わせて小さく作っても。デザートに豆腐ドーナツと桜色の豆腐羊羹が振る舞われ、参加者は満足した様子でお茶の時間も楽しんだ。
「簡単なので、お子さんやお孫さんと一緒に作ってみて」とのこと。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…
  2.  7月21日(日)、市原市根田にある西光寺では夏休み寺子屋企画として『飴ふうせん体験』が行われた。参加したのは大人と子どもあわせて50名。…
  3.  認知症の人や家族、支援者、一般の人たちが、リレーをしながら一つのタスキをつなぎ、北海道から沖縄へと日本を縦断していくイベント『RUN伴』…
  4.  少子化が進む日本で、直面している問題は数多(あまた)ある。学校業界の中でも顕著に表れているのが部活動で、プレーをするのに必要なメンバー数…

ピックアップ記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る