春色がキレイ! さっぱりケーキ寿司

 3月11日、加茂公民館で主催事業『押し寿司』が行われ14名が参加した。講師はJA市原市女性部の大曽根実ゑ子さんとアシスタント3名。牛乳パックを型に利用し、見た目もキレイな『ひし形ケーキ寿司』を作った。参加者はおしゃべりが大好きな女性ばかり、賑やかにスタートを切った。
 まずは型作り。牛乳パックの側面4枚を切り取ってそれぞれ端を折り、ホッチキスでつなげてひし形にする。寿司飯は、酢の代わりにレモン汁を使用。素材にこだわる同部の皆さんが調達したのは大きくて香りのいいレモン。地元でとれた無農薬のものだ。「酸味はすぐに飛ぶので多めに絞ってね」と大曽根さん。
 先ほど作った型にラップを敷き、炒り卵をスプーンで押しながら丁寧に敷き詰める。さらに白い寿司飯、青のりを混ぜた緑色の寿司飯、でんぶとサケフレークを混ぜた桃色の寿司飯の順に敷き詰め、皿を上にかぶせてひっくり返す。ゆでた菜の花、スモークサーモン、トビッコ、パセリや生姜などをトッピングしたら完成。デコレーションケーキのような出来栄えに「形を崩すのがおしいわね」と言いながらも端から少し試食。「美味しい、レモンが効いてさっぱりしている。子どもには酢よりいいかもね」と参加者。1人で4、5人分を作ったので、ほとんどはお土産として持ち帰り。「ご飯を重ねていく段取りが楽しかった」、「青のりを青菜に変えたり、応用もきくわね」との声も。
 牛乳パックの型は、好みのサイズに合わせて小さく作っても。デザートに豆腐ドーナツと桜色の豆腐羊羹が振る舞われ、参加者は満足した様子でお茶の時間も楽しんだ。
「簡単なので、お子さんやお孫さんと一緒に作ってみて」とのこと。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…
  2.  大網白里市を拠点に活動する『浜太鼓』は、今年結成20周年を迎えた。11月30日(土)には、大網白里アリーナで『結成20周年記念コンサート…
  3.  年々増加している児童虐待。子どもが死亡する痛ましい事件も後を絶ちません。市原市でも平成30年度では新規の虐待相談が399件と、多数の相談…
  4.  出産後すぐのお母さんは、ホルモンバランスの変化や慣れない育児で、体調を崩しやすくなっています。この時期に、医師、助産師、保健師等の専門職…
  5. パスカルの原理(化学の力)を利用したおもちゃを作ったり、スライムづくりに興じたり。8月17日、小学生を対象にyouホール(市原市勤労会館・…
  6.  鹿児島県出身で、市原市美術会・市原市文化団体連合会を設立し、フランスの近代美術館やイギリス王室にも作品が所蔵されている日本画家、故・古城…
  7. 今も健在、観音掘りトンネル  日本には古来から「観音掘り」と言うトンネルの掘削工法があり、将棋の駒に似た上部の尖った形状をしています。トンネ…
  8.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  9.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  10. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る