明治大正の流行を物語る人形

 長南町郷土資料館にて『芝原人形で綴る明治大正オシャレ手帖』が4月24日(日)まで開かれている。内裏雛や十二支、招き猫、えびす大黒などの縁起物で知られる芝原人形。振ると音がするので、石ころ雛とも呼ばれ、古くから庶民が手にできる安価な郷土人形として親しまれた。その素朴な佇まいに今も人気が高い。
 同展は和装から洋装へと変遷する明治から昭和初期の女性型人形を中心に当時の風俗を辿っている。袴姿のハイカラな女学生、マントを羽織った女教師、流行の信玄袋を持った丸髷の柔和な女性ほか、いずれも笑みをたたえた姿が愛らしい。江戸後期に日本に輸入され、明治期に流行した洋傘を持つ田舎娘や花嫁に現代と変わらぬ女心が見える。企画した学芸員の風間俊人さんは「今回は愛玩具としてではなく時代を知る手がかりとして見てほしい」と話す。常設の県指定有形民俗文化財となっている製作用具も見ておきたい。成形用の型や彩色用具などから作る工程がわかる。
 芝原人形は江戸初期の東京浅草の今戸人形が原型。明治初期、長南町芝原で開窯した初代田中錦山さんから直系の春吾さん、謙次さんと3代続き、最盛期には年産2万点を数えたという。一度途絶えたあと、現在、同町岩撫に工房を構える千葉惣次さん(74)が4代目を継承している。県指定伝統的工芸品。
 同時開催の『おひなさまギャラリー』は初公開の御殿飾りほか江戸後期から昭和後期までのひな人形を展示している。開館時間9~16時 入館無料期間中無休

問合せ 同資料館
TEL 0475・46・1194

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  2.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  3.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  4. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  5.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  6.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…
  7. 『オペラ』は敷居の高い芸術…。そんな一般的イメージを払拭するかのように老若男女が楽しみながら和気藹々と稽古し舞台を重ねる『勝浦歌劇団』。総…
  8. ~助けていただいた命~ 私には4人の子どもがおりますが、3番目の子どもが妊娠4カ月の頃、切迫早産で大量出血し、緊急入院したことがありました…
  9.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  10. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…

ピックアップ記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る