ハコネウツギかニシキウツギ?
ハコネニシキウツギ

市原南部里山の落葉小高木に白花と紅花が混在して咲いていた。
枝先や葉腋に2~3個ずつの花。長さ3センチほどの花冠は漏斗状で上部が5裂。花筒は上半部で急に鐘状に広がっている。白い花は薄紅色から紅色へとしだいに濃く変色する。葉は対生で楕円?広卵形、先端は鋭く尖っている。
そんな特徴からはスイカズラ科タニウツギ属ハコネウツギ(箱根空木)だが、潮風に強いことから海の近くに植栽されることが多いというので別物か。同じタニウツギ属ニシキウツギ(二色空木)は葉が楕円?広楕円と少し細身で、花はほぼ同じ。
 簡単な見分け方は、葉裏の脈上に毛が多ければニシキウツギ、ほとんど毛がなければハコネウツギ。ところが葉の形はハコネウツギで葉裏の様子はニシキウツギと、どちらとも断定しづらい。
タニウツギ属は変異や自然交雑品が多く分類が困難なグループだという。千葉県植物ハンドブックによると、ハコネウツギとニシキウツギは分布が限られているか、生育が少ない状況。県内に広く分布して普通に見られるのは雑種でハコネニシキウツギというものらしい。双方の特徴が重なればハコネニシキウツギということか。
いずれであっても花期は5~6月、名前が判らずとも里山散策はできる。始めは白が多かった花色もやがて紅が多くなる。白と紅のどちらが多いときが満開か。一つが萎れても次々と開くので、どちらも満開状態なのだろう。何度か訪れれば色のグラデーションが楽しめる。
市原の自然は豊かで美しい。大切に残していきたい。

ナチュラリストネット/自然を愛する仲間の集まりです。市原の豊かな自然環境をいつまでも永く残したいと活動しています。
080-5183-9684(ナチュラリストネット/野坂伸一郎)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『真冬の温泉ヨガ』『春を見つけるヨガ散歩』『寺ヨガ』『ほたるナイトヨガ』『渓流せせらぎヨガ』……今後、興味津々のプログラムが予定されている…
  2. 昨年9月、10月の台風は、市原にも大きな被害を出し、ニュースとして連日報道された。今月19日には、気象庁がこの2つの台風に対し、災害における…
  3.  40年余り自宅の一室で開いている洋裁教室で、小物づくりと洋裁を仲間とともに楽しんでいます。私がつるし雛に出会ったのは、平成14年2月、伊…
  4.  冬の代表的スポーツと言えばスキー。今年度の市民スキー教室が1/24(金)夜~1/26(日)、長野県木島平で小学生から70歳代までの市民が…
  5. 1月28日(火)、市原警察署にて、令和元年署長感謝状の贈呈式が行われました。シティライフも、昨年から本紙に掲載する防犯特集記事が支援・協力に…
  6.  五井駅西口から歩いて十分ほどの所にこの神社はある。社伝によると、大宮神社の社名は広大な境内に由来し、鎮座は景行天皇の御代、日本武尊が御東…
  7. 去年の秋の凄まじい台風の影響で、巣箱が全滅に近い被害を受け、いったんは諦めかけた養蜂もどうやら長く寒い冬を生き抜く事ができそうです。桜の花が…
  8.  2018年3月、市原市君塚にオープンした『和み処 白金茶寮(しろがねさりょう)』。『やちばあちゃん秘伝のだんご』をテーマに地元の素材を生…
  9. いすみ市下布施の県道沿いの田んぼでは、冬の間、コハクチョウの群れが餌をついばんでいる。大多喜町在住の土屋治雄さんは、その姿を写真に収め、観察…
  10. 「背筋を伸ばして」と声が掛かり、「おはようございます」と全員で手をつき丁寧に挨拶する。床の間に飾られた掛け軸や花、花入れを愛で、季節や先人た…

ピックアップ記事

  1. 『真冬の温泉ヨガ』『春を見つけるヨガ散歩』『寺ヨガ』『ほたるナイトヨガ』『渓流せせらぎヨガ』……今後、興味津々のプログラムが予定されている…

イベント情報まとめ

  1. ※イベントの開催につきまして、ご確認の上ご参加いただきますようお願い申し上げます。 ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~2…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る