ハコネウツギかニシキウツギ?
ハコネニシキウツギ

市原南部里山の落葉小高木に白花と紅花が混在して咲いていた。
枝先や葉腋に2~3個ずつの花。長さ3センチほどの花冠は漏斗状で上部が5裂。花筒は上半部で急に鐘状に広がっている。白い花は薄紅色から紅色へとしだいに濃く変色する。葉は対生で楕円?広卵形、先端は鋭く尖っている。
そんな特徴からはスイカズラ科タニウツギ属ハコネウツギ(箱根空木)だが、潮風に強いことから海の近くに植栽されることが多いというので別物か。同じタニウツギ属ニシキウツギ(二色空木)は葉が楕円?広楕円と少し細身で、花はほぼ同じ。
 簡単な見分け方は、葉裏の脈上に毛が多ければニシキウツギ、ほとんど毛がなければハコネウツギ。ところが葉の形はハコネウツギで葉裏の様子はニシキウツギと、どちらとも断定しづらい。
タニウツギ属は変異や自然交雑品が多く分類が困難なグループだという。千葉県植物ハンドブックによると、ハコネウツギとニシキウツギは分布が限られているか、生育が少ない状況。県内に広く分布して普通に見られるのは雑種でハコネニシキウツギというものらしい。双方の特徴が重なればハコネニシキウツギということか。
いずれであっても花期は5~6月、名前が判らずとも里山散策はできる。始めは白が多かった花色もやがて紅が多くなる。白と紅のどちらが多いときが満開か。一つが萎れても次々と開くので、どちらも満開状態なのだろう。何度か訪れれば色のグラデーションが楽しめる。
市原の自然は豊かで美しい。大切に残していきたい。

ナチュラリストネット/自然を愛する仲間の集まりです。市原の豊かな自然環境をいつまでも永く残したいと活動しています。
080-5183-9684(ナチュラリストネット/野坂伸一郎)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  2. 「茂原七夕まつり」に合わせ、「第4回茂原七夕まつりスリッパ飛ばし選手権」が開催されます。  子どもの頃、「明日天気になーれ」と叫びながら…
  3.  女優オードリー・ヘプバーンについての後半。主な出演作と受賞歴などを時系列でお届けします。  「ローマの休日」1953年(昭和28年)、監…
  4. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  5. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  6. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  7.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  8.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る