ハコネウツギかニシキウツギ?
ハコネニシキウツギ

市原南部里山の落葉小高木に白花と紅花が混在して咲いていた。
枝先や葉腋に2~3個ずつの花。長さ3センチほどの花冠は漏斗状で上部が5裂。花筒は上半部で急に鐘状に広がっている。白い花は薄紅色から紅色へとしだいに濃く変色する。葉は対生で楕円?広卵形、先端は鋭く尖っている。
そんな特徴からはスイカズラ科タニウツギ属ハコネウツギ(箱根空木)だが、潮風に強いことから海の近くに植栽されることが多いというので別物か。同じタニウツギ属ニシキウツギ(二色空木)は葉が楕円?広楕円と少し細身で、花はほぼ同じ。
 簡単な見分け方は、葉裏の脈上に毛が多ければニシキウツギ、ほとんど毛がなければハコネウツギ。ところが葉の形はハコネウツギで葉裏の様子はニシキウツギと、どちらとも断定しづらい。
タニウツギ属は変異や自然交雑品が多く分類が困難なグループだという。千葉県植物ハンドブックによると、ハコネウツギとニシキウツギは分布が限られているか、生育が少ない状況。県内に広く分布して普通に見られるのは雑種でハコネニシキウツギというものらしい。双方の特徴が重なればハコネニシキウツギということか。
いずれであっても花期は5~6月、名前が判らずとも里山散策はできる。始めは白が多かった花色もやがて紅が多くなる。白と紅のどちらが多いときが満開か。一つが萎れても次々と開くので、どちらも満開状態なのだろう。何度か訪れれば色のグラデーションが楽しめる。
市原の自然は豊かで美しい。大切に残していきたい。

ナチュラリストネット/自然を愛する仲間の集まりです。市原の豊かな自然環境をいつまでも永く残したいと活動しています。
080-5183-9684(ナチュラリストネット/野坂伸一郎)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る