関節の力を抜いて踊りましょう

 高齢者でも簡単にできる基本のステップを使った『60歳からのフラダンス教室』(全4回)が姉崎保健福祉センター(アネッサ)主催で開かれた。講師のロケラニ荒井さんが教えたのは、『羽のレイ』という踊り。
 初日の6月29日、参加者12名は気持ちが良いと感じるところで関節の力を抜いて立つことから始めた。ヒョウタンのようなイプというハワイの楽器を荒井さんが打ち、参加者はリズムにあわせ、ゆっくり左右に足を移動させる。続いて、「ハワイに住む師匠でも日本のレディに教えるのは難しい」という左右に腰を振る動作などを練習する。シンプルだが運動量は多く、少し動いただけで汗を拭う人もいた。
 「上半身と下半身の動きが違うので頭の体操にもなります」としだいに振り付けが複雑になり、ステップを踏みながら、手を、雨を降らせるように上から下へおろしたり、頬の周りにすべらせたりする仕草が加わる。うまくできなくて「手と足が合わない」、「盆踊りみたい」と苦笑する参加者もいるが、ウクレレの曲に合わせステップを踏んでいるとしだいなめらかな動きに。
 ゆったりとした心地良い音楽に参加者はすっかり常夏の国ハワイにいるような気分になり「楽しい」と笑顔。4回のレッスンで一曲踊れるようになるので、「ぜひ、覚えて、人前で披露してください」とのこと。
 荒井さんのハワイアンネームのロケラニはハワイ語で「天国に咲くバラ」という意味。体調不良をきっかけに習い始めたそうで「フラはお薬のひとつ。心と体が癒されます」と話していた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  2.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  3.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  4.  最近は本格的に寒くなってきましたね。こうなるとキノコ狩りのシーズンも終わり。今年はバカマツタケに出会えなかったな~とか、シカが食べちゃった…
  5.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  6.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  7.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  8.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る