関節の力を抜いて踊りましょう

 高齢者でも簡単にできる基本のステップを使った『60歳からのフラダンス教室』(全4回)が姉崎保健福祉センター(アネッサ)主催で開かれた。講師のロケラニ荒井さんが教えたのは、『羽のレイ』という踊り。
 初日の6月29日、参加者12名は気持ちが良いと感じるところで関節の力を抜いて立つことから始めた。ヒョウタンのようなイプというハワイの楽器を荒井さんが打ち、参加者はリズムにあわせ、ゆっくり左右に足を移動させる。続いて、「ハワイに住む師匠でも日本のレディに教えるのは難しい」という左右に腰を振る動作などを練習する。シンプルだが運動量は多く、少し動いただけで汗を拭う人もいた。
 「上半身と下半身の動きが違うので頭の体操にもなります」としだいに振り付けが複雑になり、ステップを踏みながら、手を、雨を降らせるように上から下へおろしたり、頬の周りにすべらせたりする仕草が加わる。うまくできなくて「手と足が合わない」、「盆踊りみたい」と苦笑する参加者もいるが、ウクレレの曲に合わせステップを踏んでいるとしだいなめらかな動きに。
 ゆったりとした心地良い音楽に参加者はすっかり常夏の国ハワイにいるような気分になり「楽しい」と笑顔。4回のレッスンで一曲踊れるようになるので、「ぜひ、覚えて、人前で披露してください」とのこと。
 荒井さんのハワイアンネームのロケラニはハワイ語で「天国に咲くバラ」という意味。体調不良をきっかけに習い始めたそうで「フラはお薬のひとつ。心と体が癒されます」と話していた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  タピオカ、爽やかな空と生物、美しい模様など素敵な作品の数々。人の想いが表現された力作を観るのは楽しい。8月25日、南総公民館で石遊びのイ…
  2.  出光興産株式会社は、2019年12月14日(土)に市原市市民会館において「みらいを奏でる音楽会~どこかで聞いたクラシック~」市原公演を開…
  3.  前回の防犯特集第2回で、『電話de詐欺』の手口の変遷を紹介した。今回は新しいだましの手口『カード受取型』の内容をさらに詳しくお伝えしたい…
  4.  市原市在住の中森敏夫さん(64)は、子どもの頃から好きだったプラモデル作りが高じて、大人になってからは鉄道のジオラマや建築の模型などを含め…
  5.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  6.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  7. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  タピオカ、爽やかな空と生物、美しい模様など素敵な作品の数々。人の想いが表現された力作を観るのは楽しい。8月25日、南総公民館で石遊びのイ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る