暑い夏を冷たい和菓子で涼しむ

 7月9日(土)、千種コミュニティセンター主催の『和菓子作り教室』に集った15名は、抹茶の練りようかんと花型の練りきりの2種類に挑戦した。講師の大矢利子さんは、「使用する抹茶が製菓用でない時は、手を抜くとあとが大変です。初めに茶こしでこし、さらに溶かす時も何度かに分けてくださいね」と注意点をしっかりと伝える。
 抹茶の練りようかんの作り方は以下。まず、抹茶大さじ1に30ml のお湯を数回に分けて入れ、ダマがなくなるまでしっかり溶かす。そして、鍋に粉寒天4gと水135mlを入れ、中火で混ぜながらゆっくりと溶かす。そこへグラニュー糖150gを加え、沸騰してきたら火からおろし白こしあん250gを入れ、ヘラでよく混ぜ溶かす。再び火にかけて、練り続けながらしっかりと煮詰める。最後に白こしあんの鍋に抹茶を入れて混ぜ、型に流して冷ます。
 唯一の男性参加者は、「お菓子を作るのは全くの初めてですが面白かったです。有意義な一日になりました」と話した。また花型の練りきりでは、大矢さんが事前に準備した求肥と合わせて練りきりダネを作るのに大奮闘!「レシピを読んでいるつもりでも頭では理解していないみたい。家でもう一度挑戦してみたいです」と参加者は心を弾ませていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る