自然素材から「ものをつくる」 ことは 先人の知恵の結晶

~古代衣装体験や縄文原体作り等も楽しむ

 袖ケ浦市郷土博物館では11月23日(祝)まで『カラムシ アサ モメン~植物から糸や布へ~』を開催している。展示は、繊維の原料となる代表的な植物、遺跡に残された繊維や布の痕跡、植物から糸や布へ~原始・古代の道具~、謎の望陀布、モメンや福島県昭和村のからむし関連のコーナーで構成されている。
 主な展示資料は、繊維植物標本、出土品に残された繊維の痕跡、出土した機織り機等。原始古代の人々がどのように植物から繊維を取り出し利用してきたのか紹介している。更に、福島県昭和村にあるからむし工芸博物館で1年がかりで織られた布も展示。
 また、5種類の古代の服を試着することができる古代衣装体験は11月3日(祝)・13日(日)・20日(日)10~13時。申込不要。機織り体験も行われるが、残念ながら申込制で定員に達しているので参加はできない。でも、講師を務める木更津市郷土博物館のすず友の会はたおりサークルの皆さんによる実演をご覧になることはできる。11月5日(土)・6日(日)10~14時。
 他にも、土器の表面に文様を付ける道具『縄文原体をつくろう!』11月20日(日)13~15時(電話申込・先着順)や展示解説会11月3日(祝)11~12時も開催。
 山田館長は「私たちはヒトとして暮らし始めた旧石器時代から、身の回りにある素材を原料として、生活に必要な道具を製作してきました。3万年もの永い時間をかけて培われてきた自然素材から『ものをつくる』ことは先人の知恵の結晶とも言えます。近代化と共に生活の中で『つくる』ことが少なくなった今、改めて見直されるべきものではないでしょうか」と話す。この機会に是非、足を運んでみては。

問合せ 袖ケ浦市郷土博物館
TEL 0438・63・0811

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市出身のマジシャンPiace(ピース)として活躍する内藤淳也さん(26)。マジック界最大のジャパンカップにて、国内で最も活躍した若手マ…
  2.  市原市立内田小学校が2021年(令和3年)3月に閉校した。明治の開校以来、148年に及ぶ歴史に幕が下りたのだ。個人的には非常に感慨深い。同…
  3.  市原市・市東地区の奈良に、高さ2m余りの釈迦如来像の石仏「奈良の大仏」がある。  平将門が、新皇を名乗りこの地の北方に京を模した都を構え…
  4.  コロナ禍で外での食事を制限されている中、家ではちょっとした工夫を凝らしながら楽しむようにしています。採れたハーブをその日の気分によって何種…
  5. 世界中で新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、アフリカの状況はどうなっているのでしょうか? ルワンダの首都キガリで幼稚園と小学校を設立し、…
  6.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…
  7.  睦沢町の田園風景のなかに建つ、ギャラリー801。様々な分野の作家が作品を出している常設展と、毎月3週間ほど開催される企画展を行っている。今…
  8.  3月20日(土)から4月5日(月)、及び4月17日(土)から5月16日(日)の2期間にかけて、千葉市中央区にある千葉市科学館では『ポップア…
  9. [caption id="attachment_38464" align="alignright" width="350"] 作業小屋兼ギャ…
  10.  3月の山を歩いていると赤いヤブツバキの花が目立ちます。虫のいない時期ですが、野鳥たちが蜜を目当てに次々と訪れています。椿の花は花びらと雄し…

ピックアップ記事

  1.  市原市出身のマジシャンPiace(ピース)として活躍する内藤淳也さん(26)。マジック界最大のジャパンカップにて、国内で最も活躍した若手マ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る