重陽 菊尽くしで祝う

 日本の家庭では古くから季節の節目を大切にしてきた。伝統的な生活文化である四季折々の年中行事を床の間、玄関など家の中に飾り、その行事のもてなしの心を形に表すことを漢字では室礼と書き、『しつらい』という。また、季節の変わる節日に飲食物を供えることから、節句は節供ともいわれた。
 その五節供の一つ、重陽の節供は旧暦の9月9日(10月9日)。1月の正月、3月の桃の節供、5月の端午の節供、7月の七夕に比べると影は薄いが、日本では収穫や衣替えの時期と重なり、節日として祝われてきた。中国では、陰陽思想の神聖で最高の陽数である9が重なる日を祝う習慣があった。
 9月6日、ちはら台コミュニティセンター主催事業『ちはら☆あらかると 和のしつらい 重陽の節供を祝う』が開かれ、5名が参加した。講師は市原市瀬又在住の室礼講師関俊子さん。まず、白、黄色、赤紫色の3種のスプレー菊を使い、生け花の盛り物を丸く仕立ていく。皿の上に載った球形の吸水スポンジを上から少し押し安定させてから、茎を短めにばらし、最初に十文字にさすのがコツ。「自分の感性で作ってください。正解はありませんよ」と関さんは、配色に悩む初心者も家の器に合わせて大きめに作る生け花体験者も温かく見守る。会議室は参加者のハサミの音が響き、しだいに花の香りで満ちていった。
 日本で菊は仏花として扱われることが多いが、「中国では長寿の効があるとされ、『菊花の宴』で邪気をはらい長寿を祈りました。日本では仏の心を『きく』ため仏前に供えたのかもしれません」と関さんは由来を語る。日本では中国から伝わり、菊合わせといって菊を愛でる宴が天武天皇の時代に行われたのが初めだいわれている。平安初期に宮中の儀式となり、杯に菊を浮かべ酒を飲んだり、「菊の被綿」といって前の晩に菊にかぶせ露で湿らせ香りを移した真綿で体を拭いたりして長寿を願った。「本来は同じものを重ねて飾るのは好まれないが、菊と梅だけは菊尽くし、梅尽くしとして、しつらえてよいそうです」
 参加者たちは「花の香りを移すなんて優雅ね」と真綿を薄くしてかぶせ、「今は真綿を絹だと知らない若い人もいる」、「昔は布団の打ち直しの手伝いで真綿を伸ばした」など子どものころを懐かしみながら、盛り物を完成させた。最後は、菊の茶器、帯、掛け軸、和菓子などが飾られた菊尽くしの机の前で一つひとつの品について、説明を受け、その場にいた全員で心豊かな時間を共有した。
 関さんは「しつらいは家庭にある身近なものを使って節目の行事を祝うこと。日本の伝統を大切にする丁寧な暮らしを子どもや孫にも伝えてほしい」とにこやかに話していた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…
  2.  睦沢町の田園風景のなかに建つ、ギャラリー801。様々な分野の作家が作品を出している常設展と、毎月3週間ほど開催される企画展を行っている。今…
  3. 誰もが親しんだことのある輪投げ。その輪投げにルールや用具を独自に整備して、新しいスポーツとして発展させたのが『公式ワナゲ』だ。千葉市中央区の…
  4.  4月は春の花が美しいですね!私は特にスミレの仲間が大好きです。千葉県では珍しいマキノスミレが咲く山があります。毎年見に行っていると、このス…
  5.  3月20日(土)から4月5日(月)、及び4月17日(土)から5月16日(日)の2期間にかけて、千葉市中央区にある千葉市科学館では『ポップア…
  6. [caption id="attachment_38464" align="alignright" width="350"] 作業小屋兼ギャ…
  7.  3月の山を歩いていると赤いヤブツバキの花が目立ちます。虫のいない時期ですが、野鳥たちが蜜を目当てに次々と訪れています。椿の花は花びらと雄し…
  8. 目(アイ)の形の木製プレート上で、様々な色や形の料理が美味しそうに映えている。各料理のすべてに市原産の農産物が使われた、この『i(あい)プレ…
  9.  毎年11月から翌年4月くらいまでの、いまだ気温が低いうちに、ハーブをたっぷりと刷り込んだベーコンを数回に分けて作りおきしています。真空パッ…
  10.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

ピックアップ記事

  1.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る