毛糸で作る自分好みの一品を

 昨秋、千種コミュニティセンター主催で行われた『簡単手編み教室 毛糸のネックレス』。参加した10名の女性たちは、普段から編み物をする人から全くの初心者まで様々。袖ケ浦市で編み物サロンを営む講師の中村初江さんは、「2時間でネックレスを完成させるのは大変なので、やり方を覚えて帰りましょう。根気が必要ですが、みなさんおしゃべりしながら頑張ってください」と話した。
 古くなった手編みのセーターやマフラーをほどいて使うのも良し、携帯のストラップやブレスレットとして短めに作るのも良し、だ。くさり目や中長の目を作り、引きぬいては玉をつくる。「掛けて、入れて、引っ張り出して」と中村さんが呪文のように唱えながら手を動かすのを、参加者たちが真剣に覗きこむ。
 「だんだん穴が苦しくなって抜けなくなっちゃう」、「つい引っ張りすぎちゃって玉が小さくなっちゃった」など、中村さんには次々とアドバイスを求める声が飛ぶ。数メートルにおよぶ長さの毛糸を黙々と編み続けていくと、次第に手が覚えていくようだ。
 「今は分かっている気がしても帰ってやると忘れちゃっているんだけど」と笑いながらも、中村さんが持参した完成品のネックレスを交互に手にしては、最後の編み終わり部分をしっかり確認。「気に入らなかったら一度ほどいてやり直すのも良いでしょう。100円均一で売っている糸でも立派なのができますので、色々作ってみてください」と中村さんも満足そうだった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る