あなたの足元に遺跡があるかも

 昨秋、国分寺公民館主催講座『国分寺散歩』と『町歩きの達人』(最終回)が同時開催され、38名がガイドツアーに参加した。講師は、観光ボランティアガイド『かずさのくに国府探検会』代表の前田房穂さんと、同館で活動するボランティアガイドサークル『天平の甍』代表の南木徹さん。講師二人が見どころを解説したあと、それぞれの案内するコースを歩いた。
 「市原市は何もないところと思っていませんか。実は旅行会社がツアーを組むほど貴重な遺跡が多くあります」と話す前田さんは、神門5号墳から上総国分寺を回るコースを歩く。神門5号墳は「前方後円墳に先駆けて築造された円墳の先に突起のあるイチジク型」。発生期の古墳を知るうえで大切な遺跡だそうだ。
 南木さんが案内するのは稲荷台1号墳と国分尼寺を回るコース。国分寺台中央公園入り口で、国分寺通り名を記した石柱に彫られた丸瓦、山倉1号墳と出土した人物埴輪のモニュメント、国分寺七重の塔の一番の上にあったとされる仏舎利塔の模型について説明する。「丸瓦は、上総国分僧寺・尼寺用に焼かれた二十四葉の蓮華文。平城宮の瓦がお手本です」、「埴輪は埼玉県鴻巣市にある生出塚遺跡で焼かれ、運ばれてきたと考えられています」などの話に参加者らは「へえ」、「ほう」と感心しながら、古の人々に思いをはせていた。
 稲荷台通りの中央分離帯にある王賜銘鉄剣の石碑を見て、稲荷台1号墳記念広場へ向かう。稲荷台1号墳は5世紀に築造された12基以上の円墳からなる古墳群の一つ。直径約28メートルあったが、記念公園の墳丘は後から3分の1の大きさで復元されたもの。大和朝廷と関係が深かったことを示す日本最古の鉄剣『王賜銘鉄剣』が発見されている。「市原市は埋蔵文化財の保存環境が整っていないので、佐倉の国立歴史博物館にあります。昭和52年に発掘調査し、10年後にエックス線調査で鉄剣から文字が発見されたときには、墳丘はすでに家屋が建設されていたのではないでしょうか。あとから空き地に公園を作ったのでしょう」と南木さんは残念そうに話した。
 日本最大の大きさを誇る国分尼寺へ行く途中には、尼寺の政所院跡がある。国分寺台西中学校南側の空き地で国有地となっている。菊花展の開かれていた尼寺にて資料館の職員から説明を聞き、日本で唯一復元された中門と回廊を見学。時間不足で、予定していた市役所屋上からの眺望をあきらめ、急ぎ公民館に戻った。
 市原市に住んで40年という女性は「今まで地元に愛着がなかったが、ぜひ子どもにも伝えたい」と話していた。南木さんは「図書館には遺跡の分布図などがあります。自分の住んでいるところが、かつてどんな場所だったのか確かめるのも面白いですよ」と話した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…
  2.  睦沢町の田園風景のなかに建つ、ギャラリー801。様々な分野の作家が作品を出している常設展と、毎月3週間ほど開催される企画展を行っている。今…
  3. 誰もが親しんだことのある輪投げ。その輪投げにルールや用具を独自に整備して、新しいスポーツとして発展させたのが『公式ワナゲ』だ。千葉市中央区の…
  4.  4月は春の花が美しいですね!私は特にスミレの仲間が大好きです。千葉県では珍しいマキノスミレが咲く山があります。毎年見に行っていると、このス…
  5.  3月20日(土)から4月5日(月)、及び4月17日(土)から5月16日(日)の2期間にかけて、千葉市中央区にある千葉市科学館では『ポップア…
  6. [caption id="attachment_38464" align="alignright" width="350"] 作業小屋兼ギャ…
  7.  3月の山を歩いていると赤いヤブツバキの花が目立ちます。虫のいない時期ですが、野鳥たちが蜜を目当てに次々と訪れています。椿の花は花びらと雄し…
  8. 目(アイ)の形の木製プレート上で、様々な色や形の料理が美味しそうに映えている。各料理のすべてに市原産の農産物が使われた、この『i(あい)プレ…
  9.  毎年11月から翌年4月くらいまでの、いまだ気温が低いうちに、ハーブをたっぷりと刷り込んだベーコンを数回に分けて作りおきしています。真空パッ…
  10.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

ピックアップ記事

  1.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る