祝!長年描き続けて藍綬褒章を受章

 市原市在住の高橋光夫さん(81)は、昨年11月に藍綬褒章を受賞した。藍綬褒章は社会や公共の福祉、文化などに貢献した人を顕著する日本の栄典の1つ。第一美術協会会員・評議員で日本美術家連盟会員を務める傍ら、高橋さんはこれまでに池袋三越や千葉そごうなどを含めた大手デパートで約20回個展を開催してきた。岩手県立美術工芸高校油絵学科から絵を描き、作品数は今や膨大で自宅のアトリエ一部や2階の部屋をびっしりと埋めるほど。
 「今回の受賞の一報を受けた時は、本当に実感が湧きませんでした。でも、市原刑務所で篤志面接員を行っていることも認められたんだろうと嬉しく思います」と笑顔を見せる。市原刑務所で教官をしていた高橋さんは退職後、彼らの相談に乗ったり、絵の指導をしたりしている。
 「人が絵を描く姿や瞳を見ていると、この世に悪人はいないのではと思うほど純粋です。社会に出ても続けて欲しいです」と高橋さん。自身の絵では馬を描いた作品が多く、それは岩手県の実家が農村だったため周りに農耕馬がたくさんいた影響だとか。点描という手法が持ち味で、「見ている人の頭に活字や物語が浮かんでくるような作品」を心がけているので1枚1枚に意味があるという。空気と光をうまくとらえ、浮かび上がるような景色は圧巻の一言。
 毎月第1・3水曜日には三和コミュニティセンターで絵画教室を開講中。受講についてなど詳細は問合せを。

問合せ 高橋さん
TEL 0436・21・7350

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る