体協通信/「人づくりの道」の日本の武道

市原市少林寺拳法協会

少林寺拳法は、1947(昭和22)年に創始者・宗道臣によって、自信と勇気と行動力を持ち、思いやりと正義感あふれる本当に強い人間を育て、社会に役立つ力を養う「人づくりの道」として香川県において創始された日本の武道です。
自分の心と体を養いながら、他人と共に助けあい、幸せに生きることを説く「教え」と、自身の成長を実感し、パートナーとともに上達を楽しむ「技法」、そしてその教えと技法を遊離させないための「教育システム」が一体となっています。
人間は大きな可能性を秘めています。少林寺拳法はその可能性を信じ、物心ともに平和で豊かな社会を築くために行動できる人を育てることを目指しています。
市原市には7つの道場があり、子どもも大人も楽しく修練しています。年齢やレベルに応じて、丁寧に指導します。武道は礼に始まり礼に終わるといわれますが、相手を倒すことに喜びを感じるのでは無く、お互いを尊重しあい、共に成長することの大切さを学んでいきます。突きや蹴り、それに対する防御の仕方(剛法)などを修練し、掴まれたり引っ張られたりした時に使う抜き技や関節を極める逆技や投げ技、固め技(柔法)などを学びます。
毎年、11月23日にはゼットエー武道場で、市原市民体育大会が行われます。また、県大会、全国大会などもあり、今年はアメリカで創始70周年記念世界大会も開催されます。大会では、二人一組で行われる組演武や、単独演武、団体演武などの他、防具をつけて行う運用法などが行われます。組演武には、親子の部、というものもあり、親子で一緒に修練した成果を披露することもできます。子どもの年齢が増えるにしたがって親子の会話がなくなるものですが、親子で少林寺拳法を修練していると、会話が増えるだけでなく、スキンシップも生まれるので、お互いを理解し合い、良い親子関係を築くこともできます。
まずは、道場の見学や体験から始めてみてください。小さな一歩を踏み出して、新しい自分と出会ってみませんか?

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  2.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  3.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  4. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  5.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  6.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  7.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  8.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  10.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

ピックアップ記事

  1.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る