「ゆる鉄」鉄道写真家中井精也さんの撮影した小湊鐵道

 5月14日まで開催している、いちはらアート×ミックス会場、白鳥公民館で鉄道写真家として有名な中井精也さんの『里山写真展』が開かれている(10~17時)。
 鉄道の車両だけにこだわらず、鉄道に関わる全てのものを被写体として独自の視点で撮影し、皆さんお馴染みの「ゆる鉄」など新しい鉄道写真のジャンルを生み出した中井さん。写真集『1日1鉄!』は講談社出版文化賞写真賞受賞。今回の写真展は小湊鐵道100周年記念の『小湊鐵道100歳企画展』のひとつ。「小湊鐵道が大好き」な中井さんが撮影した約50点の作品が展示されている。
 開催初日の4月8日に行われた中井さんのギャラリートークには県外からも多くの中井さんファンや写真愛好家が集まった。山梨県から来たという母娘は、先月も市原を訪れ小湊鐵道に乗ったといい、その時、今回の企画を知ったと話し、中井さんに憧れて鉄道写真を撮り始めたという小学5年生の娘さんと再訪したと話す。約1時間のトークはレクチャーの合間に撮影のエピソードなどがユーモラスに語られ、来場者は満足げ。次回のギャラリートークは5月3日(祝)11時~・14時~・16時30分~。尚、会場受付にて繹ッ繹ー繹キのみ今回展示の図録『里山列車』や関連グッズ等を販売。五井駅3縲怩S番ホーム上小湊鐵道駅長事務室終日販売。養老渓谷駅窓口終日販売。
 また、会場内舞台には「フォト・インプレッショニズム」とキャプションが付けられた、写真と絵画の中間のような質感の作品も3点展示され、来場者の皆さんは興味深げに見入っていた。 
 中井さんは「小湊鐵道には半世紀以上も走り続けている列車があり、これは世界的にも珍しい。世界遺産にふさわしい鉄道だと思う。これからも昔ながらの鉄道の雰囲気を伝えていきたいし、何気ない平和な日常風景を撮り続けていきたい。是非、展示会に来て癒されてほしい」と話す。この機会に郷愁をそそり、ほっこりした気分にさせられる中井精也ワールドを堪能し、小湊鐵道の魅力を再発見してみよう。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 山武市松尾町在住の並木由美子さん(41)は米農家で、ジュニアフードセラピストとしても活躍している。料理教室では小麦粉の代わりに、生の米を用い…
  2. 江戸絵画の名作を題材とした、新作16点も  既成のイメージへ、新たな視点を提示する現代美術家・福田美蘭。新人洋画家の登竜門・安井賞を最年少…
  3.  茂原市東部台文化会館で活動している、エアロビクス&ヒップホップダンスサークルPSP。代表の鈴木洋美さんは約20年前からエアロビのインストラ…
  4.  モミジの紅葉が関東で一番遅いといわれる房総でも、早くから紅葉する樹々がある。里山の散策路にみられるニシキギ(錦木)もその一つ。ニシキギ科ニ…
  5. 以前、英国の知人に、日本には豊富な食材が揃っていて羨ましいと言われた事があります。英国では数十年前まで、カボチャやトウモロコシ、スイカ、サツ…
  6.  鹿児島県出身。58歳。大学進学のため上京し卒業後、東京学芸大学付属養護学校(現・特別支援学校)にて教職に就く。同校小学部での3年間の勤務を…
  7.  私は事業をやっていますが、未だにうまくいかないことが多いです。子育てもうまくいかないことが多く、悩んだ時期もありました。しかし、今考えると…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 山武市松尾町在住の並木由美子さん(41)は米農家で、ジュニアフードセラピストとしても活躍している。料理教室では小麦粉の代わりに、生の米を用い…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る