「ゆる鉄」鉄道写真家中井精也さんの撮影した小湊鐵道

 5月14日まで開催している、いちはらアート×ミックス会場、白鳥公民館で鉄道写真家として有名な中井精也さんの『里山写真展』が開かれている(10~17時)。
 鉄道の車両だけにこだわらず、鉄道に関わる全てのものを被写体として独自の視点で撮影し、皆さんお馴染みの「ゆる鉄」など新しい鉄道写真のジャンルを生み出した中井さん。写真集『1日1鉄!』は講談社出版文化賞写真賞受賞。今回の写真展は小湊鐵道100周年記念の『小湊鐵道100歳企画展』のひとつ。「小湊鐵道が大好き」な中井さんが撮影した約50点の作品が展示されている。
 開催初日の4月8日に行われた中井さんのギャラリートークには県外からも多くの中井さんファンや写真愛好家が集まった。山梨県から来たという母娘は、先月も市原を訪れ小湊鐵道に乗ったといい、その時、今回の企画を知ったと話し、中井さんに憧れて鉄道写真を撮り始めたという小学5年生の娘さんと再訪したと話す。約1時間のトークはレクチャーの合間に撮影のエピソードなどがユーモラスに語られ、来場者は満足げ。次回のギャラリートークは5月3日(祝)11時~・14時~・16時30分~。尚、会場受付にて繹ッ繹ー繹キのみ今回展示の図録『里山列車』や関連グッズ等を販売。五井駅3縲怩S番ホーム上小湊鐵道駅長事務室終日販売。養老渓谷駅窓口終日販売。
 また、会場内舞台には「フォト・インプレッショニズム」とキャプションが付けられた、写真と絵画の中間のような質感の作品も3点展示され、来場者の皆さんは興味深げに見入っていた。 
 中井さんは「小湊鐵道には半世紀以上も走り続けている列車があり、これは世界的にも珍しい。世界遺産にふさわしい鉄道だと思う。これからも昔ながらの鉄道の雰囲気を伝えていきたいし、何気ない平和な日常風景を撮り続けていきたい。是非、展示会に来て癒されてほしい」と話す。この機会に郷愁をそそり、ほっこりした気分にさせられる中井精也ワールドを堪能し、小湊鐵道の魅力を再発見してみよう。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市出身のマジシャンPiace(ピース)として活躍する内藤淳也さん(26)。マジック界最大のジャパンカップにて、国内で最も活躍した若手マ…
  2.  市原市立内田小学校が2021年(令和3年)3月に閉校した。明治の開校以来、148年に及ぶ歴史に幕が下りたのだ。個人的には非常に感慨深い。同…
  3.  市原市・市東地区の奈良に、高さ2m余りの釈迦如来像の石仏「奈良の大仏」がある。  平将門が、新皇を名乗りこの地の北方に京を模した都を構え…
  4.  コロナ禍で外での食事を制限されている中、家ではちょっとした工夫を凝らしながら楽しむようにしています。採れたハーブをその日の気分によって何種…
  5. 世界中で新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、アフリカの状況はどうなっているのでしょうか? ルワンダの首都キガリで幼稚園と小学校を設立し、…
  6.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…
  7.  睦沢町の田園風景のなかに建つ、ギャラリー801。様々な分野の作家が作品を出している常設展と、毎月3週間ほど開催される企画展を行っている。今…
  8.  3月20日(土)から4月5日(月)、及び4月17日(土)から5月16日(日)の2期間にかけて、千葉市中央区にある千葉市科学館では『ポップア…
  9. [caption id="attachment_38464" align="alignright" width="350"] 作業小屋兼ギャ…
  10.  3月の山を歩いていると赤いヤブツバキの花が目立ちます。虫のいない時期ですが、野鳥たちが蜜を目当てに次々と訪れています。椿の花は花びらと雄し…

ピックアップ記事

  1.  市原市出身のマジシャンPiace(ピース)として活躍する内藤淳也さん(26)。マジック界最大のジャパンカップにて、国内で最も活躍した若手マ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る