こんなに簡単!すぐに出来るオリジナルのハンコ

 3月18日(土)、姉崎公民館で開催されたのは、まちのせんせいこと森眞一さんによる『表札とハンコを作ろう』。参加者13名(大人4、子ども9)は約1時間半かけて2つの作品に取り組んだ。
 ハンコの作り方はとっても簡単な上に材料費がゼロ。使用するのは、スーパーで肉や魚を買った時の包装の一部であるトレーとボールペン、紙のみ。まず、作りたいハンコの大きさに切った紙に好きな文字や絵を書く。紙を裏返してトレーに合わせ、爪で何度かこすると、逆向きにうっすらと模様を写すことができる。ボールペンでしっかりとなぞりへこませて、紙で作った取っ手をつければ完成。
 「トレーの大きさを変えてみても面白いですよ。版画のように大きい作品もできるかもしれませんね」と、森さんは話した。名前の他に顔文字や記号、桜の花など季節を感じさせる作品などアイディアはそれぞれ。雨の日に家の中で遊ぶには最適だろう。
 また、表札も一風変わっているが材料が揃えば作り方は簡単。ボード状の発泡プラスチック系断熱材にアクリル絵の具で文字を書き、乾かないうちに電気コンロに15秒ほど当てると完成。濡れていない部分がへこむため、文字が立体的に浮き上がっているように見えるのだ。
 双方、細かい絵や文字は難しいが、「カラフルな文字が南国みたいで素敵だね」、「ピアノをやっているので大好きな音符を並べてみました」など参加者たちは満足そう。最後に、お互いの作ったハンコを紙に押し、記念に持ち帰っていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る