こんなに簡単!すぐに出来るオリジナルのハンコ

 3月18日(土)、姉崎公民館で開催されたのは、まちのせんせいこと森眞一さんによる『表札とハンコを作ろう』。参加者13名(大人4、子ども9)は約1時間半かけて2つの作品に取り組んだ。
 ハンコの作り方はとっても簡単な上に材料費がゼロ。使用するのは、スーパーで肉や魚を買った時の包装の一部であるトレーとボールペン、紙のみ。まず、作りたいハンコの大きさに切った紙に好きな文字や絵を書く。紙を裏返してトレーに合わせ、爪で何度かこすると、逆向きにうっすらと模様を写すことができる。ボールペンでしっかりとなぞりへこませて、紙で作った取っ手をつければ完成。
 「トレーの大きさを変えてみても面白いですよ。版画のように大きい作品もできるかもしれませんね」と、森さんは話した。名前の他に顔文字や記号、桜の花など季節を感じさせる作品などアイディアはそれぞれ。雨の日に家の中で遊ぶには最適だろう。
 また、表札も一風変わっているが材料が揃えば作り方は簡単。ボード状の発泡プラスチック系断熱材にアクリル絵の具で文字を書き、乾かないうちに電気コンロに15秒ほど当てると完成。濡れていない部分がへこむため、文字が立体的に浮き上がっているように見えるのだ。
 双方、細かい絵や文字は難しいが、「カラフルな文字が南国みたいで素敵だね」、「ピアノをやっているので大好きな音符を並べてみました」など参加者たちは満足そう。最後に、お互いの作ったハンコを紙に押し、記念に持ち帰っていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…
  2.  平成の時代は、震度7を記録した大地震が日本で何度も起きている。阪神・淡路、新潟県中越、東日本、熊本、北海道胆振(いぶり)東部。さらに関東…
  3. 俳画と文 松下佳紀 出たばかりの春の満月は手を伸ばせば届きそうな近さと異様な大きさを見せる。家並みや山陰から音もなく浮かび上がってくる赤…
  4. 〜春の嵐の中にも恵みがある〜  このコラムを書いた日は、とても風の強い日でした。風の中を歩きながら、「風は空気があるということだから、あり…
  5. 大網白里市出身で市原市在住の鵜澤綱夫さんは4月7日(日)まで、自宅敷地内にあるギャラリー『壺中庵』にて個展を開催中だ。飾られた作品は茶碗やオ…
  6.  3月9日と16日の2週にわたり、千種コミュニティセンターで開催された講座『室内履きを編む』。袖ケ浦市で編み物サロンを営む中村初江さんを講師…
  7.  3月4日(月)、国分寺公民館で開催された『健康レシピ~野菜 de sweets!(やさいでスイーツ)~』講座。集まった15人の男女は、講師…
  8.  4月後半から5月前半は、ポットの中で種から育てた野菜やハーブの苗を、外の畑へ移植する時期です。風が吹けば飛んでしまう様な小さな種達も、今で…

ピックアップ記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…

イベント情報まとめ

  1. イベント情報まとめ ●ヤマの即売会 4/7(日) 10〜14時 房総萬花園(多田ビニール工業所内) 春期展示即売会 フ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る