~あたらしい街~

市原市の東北部に位置する街が「ちはら台」です。
街の由来は千葉市と市原市の両市にまたがっていることから千葉市と市原市から一文字ずつとり、広々とした景観を感じさせる「千原台」とし、さらに親しみやすいようにひらがなで「ちはら台」と表記することにしたそうです。
「ちはら台」の地形は地区の南を流れている「村田川」とその支流周辺の低地部の水田地域を除くと、大半は小高い丘に広がった山林と畑でした。街づくりは昭和52年に始まり街づくりのテーマを「自然と都市機能が調和した街づくり」とし、平成元年には最初の街びらきが行われ、豊かな街並みが次第に形成されていきました。地区の西側「ちはら台駅」から地区の東まで幅12m~20mの歩行者専用道路「かずさの道」が約4㎞通っており歩行者の安心安全が図られています。
「かずさの道」両側には桜が植えられていて、春は素晴らしい景観で大勢の人が楽しんでいます。桜が終わってからも各公園や緑地の新緑が素晴らしいですよ。秋には公園など紅葉する落葉樹もあり散歩するのも楽しみです。是非「かずさの道」を散策しては如何でしょう。

ちはら台フォトクラブ
片山愛一

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る