「綱引競技」って知っていますか
市原市綱引連盟

綱引きの歴史は古く、日本では室町時代にすでに庶民の遊戯として親しまれていたと伝えられています。今でも運動会や祭り、神事等で伝統的に行われており、規則などの縛りも少ないため誰でも気軽に参加でき、ゲームとして楽しまれています。もう一方で、綱引きはゲームから競技へと発展しており、高度な技術やチームワークに加え、強靭な精神力が求められるスポーツになりました。
競技になると勝敗へのこだわりが強くなります。この勝敗に公平を期すため、多くの規則が定められています。この競技規則は、国際綱引連盟の定める規則に基づき、日本綱引連盟が昭和60年頃制定した「日本綱引連盟規則」です。綱引きの競技化の上で勝敗を大きく左右するのがウエイトです。規則では1チームの選手を8人として、その合計体重でクラス分けをして競う方式を採っています。
 ジュニアで3クラス、ユースで3クラス、シニアでは8クラスに分けて競技をします。日本ではシニアは軽・中級に絞って行われています。毎年、各都道府県連盟で綱引選手権大会を実施して、全国大会、国際大会に繋げています。また、国体では公開種目となり、各都道府県対抗が行われるようになりました。しかし、日本ではまだまだ綱引競技人口が少ないのが悩みです。今年の千葉県大会は11月19日に市原市のゼットエー武道場で行われます。小中学校の部、一般の部で競われます。ぜひ、皆さん、挑戦してみてください。
綱引競技は運動神経にあまり左右されず、誰でも参加でき、努力と我慢とチームワークで上達できます。選手生命も非常に長く、40才代から60才代のチームが一流のチームとして活躍しているほどです。また、競技中において、我慢する時間や駆け引きなど、その技術の奥深さにも驚かされ、魅了されるスポーツです。「たかが綱引き、されど綱引き」みなさんもぜひ、この綱引競技に参加し、続けてみませんか。(写真・東海中学校綱引チーム)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る