「綱引競技」って知っていますか
市原市綱引連盟

綱引きの歴史は古く、日本では室町時代にすでに庶民の遊戯として親しまれていたと伝えられています。今でも運動会や祭り、神事等で伝統的に行われており、規則などの縛りも少ないため誰でも気軽に参加でき、ゲームとして楽しまれています。もう一方で、綱引きはゲームから競技へと発展しており、高度な技術やチームワークに加え、強靭な精神力が求められるスポーツになりました。
競技になると勝敗へのこだわりが強くなります。この勝敗に公平を期すため、多くの規則が定められています。この競技規則は、国際綱引連盟の定める規則に基づき、日本綱引連盟が昭和60年頃制定した「日本綱引連盟規則」です。綱引きの競技化の上で勝敗を大きく左右するのがウエイトです。規則では1チームの選手を8人として、その合計体重でクラス分けをして競う方式を採っています。
 ジュニアで3クラス、ユースで3クラス、シニアでは8クラスに分けて競技をします。日本ではシニアは軽・中級に絞って行われています。毎年、各都道府県連盟で綱引選手権大会を実施して、全国大会、国際大会に繋げています。また、国体では公開種目となり、各都道府県対抗が行われるようになりました。しかし、日本ではまだまだ綱引競技人口が少ないのが悩みです。今年の千葉県大会は11月19日に市原市のゼットエー武道場で行われます。小中学校の部、一般の部で競われます。ぜひ、皆さん、挑戦してみてください。
綱引競技は運動神経にあまり左右されず、誰でも参加でき、努力と我慢とチームワークで上達できます。選手生命も非常に長く、40才代から60才代のチームが一流のチームとして活躍しているほどです。また、競技中において、我慢する時間や駆け引きなど、その技術の奥深さにも驚かされ、魅了されるスポーツです。「たかが綱引き、されど綱引き」みなさんもぜひ、この綱引競技に参加し、続けてみませんか。(写真・東海中学校綱引チーム)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  2.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  3.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  4.  最近は本格的に寒くなってきましたね。こうなるとキノコ狩りのシーズンも終わり。今年はバカマツタケに出会えなかったな~とか、シカが食べちゃった…
  5.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  6.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  7.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  8.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る