今津村の小さな墓

 「当時の今津漁民たちの優しさと思いやりに心を打たれます」と話すのは文化財を研究する大学教員、今津朝山に住む小関勇次さん(61)。旧今津朝山漁業協同組合跡地裏に草陰に隠れて無縁墓碑がポツンと立つ。目の前を流れる川は埋め立て前まで海岸で、今津川が流れ込む河口が近くにある。
 「普通、共同墓地に入れない身元不明人は、石積みや土盛りに無縁を記した簡素な墓碑で済ませますが、村人が浄財を集め建立し、作った目的や寄進者を記した墓は珍しい」と小関さんは手彫りの跡が残る墓石を指す。墓碑には『海間流死 今津村 上達法身下及六道(じょうたつほっしん げぎゅうりくどう) 有無両縁 念佛講中』とある。「この浜に打ち上げられた亡骸へ 天国に至るか地獄に落ちたかわからぬ方 縁の有る方も無い方も 念仏講一同より」という意味だそうだ。側面には江戸後期徳川家斉の時代『文化二年(1805)丑年四月中旬』の銘がある。漁協は海苔養殖が始まった頃にできたので、墓はそれよりずっと前からあったことになる。
 「小学校3年生まではこのあたりで海苔採り舟に乗って遊びました。かつて年寄りが墓を念仏講で拝み、無縁様と呼んでいました。あの頃は何のことかわからなかったなあ」と子ども時代を思い起こすようにしみじみと語る。
 埋め立て前の今津朝山は海で生計を立てる半農半漁の住民がほとんど。小関さんは「板子一枚下は地獄という諺があるように、漁師たちは溺死者を他人事と思えなかったのでしょうね」と墓に葬られた死者を慰めるように手を合わせた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…
  2.  水辺でよく見かけるアオサギ。日本で見られるサギの仲間の中で最も大型で、長い首とスラリとした足が特徴だ。体長95センチ前後、翼を広げると1メ…
  3. 「梅ケ瀬」それは広く知られた紅葉の景勝地、そして市原には珍しい、つららを始めとする氷の渓谷でもある。養老渓谷駅の先を右に回って進み大福山の下…
  4.  森の中での生活に薪ストーブは欠かす事は出来ません。木々に囲まれた生活をする理由の1つには薪で暖を取りたい事も含まれていました。木は二酸化炭…
  5.  2015年に運行を開始したトロッコ列車「房総里山トロッコ」は、土休日を中心に五井~上総牛久~養老渓谷間を走り、開放感あふれる車窓から、春は…
  6.  国の天然記念物で、国際地質科学連合IUGSが国際境界模式地(GSSP)として承認した地磁気逆転地層・チバニアン。市は多くの人が来訪し交流で…
  7.  来月2月11日(祝)千葉県文化会館で、千葉県在住のふたりの俳優による朗読劇が行われる。出演はプロダクション・タンク所属、見上裕昭さんと、文…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る