今津村の小さな墓

 「当時の今津漁民たちの優しさと思いやりに心を打たれます」と話すのは文化財を研究する大学教員、今津朝山に住む小関勇次さん(61)。旧今津朝山漁業協同組合跡地裏に草陰に隠れて無縁墓碑がポツンと立つ。目の前を流れる川は埋め立て前まで海岸で、今津川が流れ込む河口が近くにある。
 「普通、共同墓地に入れない身元不明人は、石積みや土盛りに無縁を記した簡素な墓碑で済ませますが、村人が浄財を集め建立し、作った目的や寄進者を記した墓は珍しい」と小関さんは手彫りの跡が残る墓石を指す。墓碑には『海間流死 今津村 上達法身下及六道(じょうたつほっしん げぎゅうりくどう) 有無両縁 念佛講中』とある。「この浜に打ち上げられた亡骸へ 天国に至るか地獄に落ちたかわからぬ方 縁の有る方も無い方も 念仏講一同より」という意味だそうだ。側面には江戸後期徳川家斉の時代『文化二年(1805)丑年四月中旬』の銘がある。漁協は海苔養殖が始まった頃にできたので、墓はそれよりずっと前からあったことになる。
 「小学校3年生まではこのあたりで海苔採り舟に乗って遊びました。かつて年寄りが墓を念仏講で拝み、無縁様と呼んでいました。あの頃は何のことかわからなかったなあ」と子ども時代を思い起こすようにしみじみと語る。
 埋め立て前の今津朝山は海で生計を立てる半農半漁の住民がほとんど。小関さんは「板子一枚下は地獄という諺があるように、漁師たちは溺死者を他人事と思えなかったのでしょうね」と墓に葬られた死者を慰めるように手を合わせた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 額縁の中で、少女が膝を抱えて座っている。母が子を抱いている。林はどこまでも続き、月は海を照らす。孤独、不安、慈しみ、希望。静謐をたたえる絵画…
  2. 「スマイルシンデレラ」渋野日向子選手が、42年ぶりに日本人メジャー優勝を遂げた全英オープン。パッと明るく爽やかなプレースタイルは多くの人に注…
  3.  8月16日(金)、市原市ボランティア連絡協議会(V連協)主催の『夏休み親子体験教室 つくってあそぼう』が、アネッサ(市原市姉崎保健福祉セン…
  4.  現在、市原鶴舞郵便局で開催中の『写真と資料から振り返る市原市の誕生』展。昭和38年5月1日、五井・姉崎・市原・市津・三和の5町が合併して…
  5.  夏から秋、山道を歩くと突然クモの糸に引っかかることがある。クモには申し訳ないが、その後は木の枝を手に、巣を除去しながら歩く。この季節、大き…
  6.  6月の終わり頃になると、いつもの散歩コースに『くちなしの花』が可憐な香りを漂わせて咲いています。私はそこを通るたびに花の香りに癒されて幸せ…
  7.  山武市で食育に力を入れるボランティア団体『アグリさんむ』。平成18年、4町村合併の際に成東、松尾、蓮沼の旧町村の食育グループが統合、3つの…
  8.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  9. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  10. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1. 額縁の中で、少女が膝を抱えて座っている。母が子を抱いている。林はどこまでも続き、月は海を照らす。孤独、不安、慈しみ、希望。静謐をたたえる絵画…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る