この武器笑えます

 アート×ミックス会期中、市原湖畔美術館の野外に出現した市原マルシェ(イチマル)の一角、耕運機のフレームと茅葺で移動式の『足湯』を制作した木工彫刻家岩崎龍次さん(35)が武器屋を開いた。店の中には「冴えないオヤジギャグを笑い飛ばす武器」、「花粉を集め、花を咲かせる武器」などユーモアのある作品が並んだ。
 5月9日は武器屋でワークショップ『武器作り・トロッコ列車』が行われた。壁一面に取り付けられた滑車や機械類などの部品から作品を作り、最後に岩崎さん作の『トロッコ列車』に乗車する講座。
 「これに参加したかった」という男の子は戸車やドリルの部品を選び、グルーガンで組み立て、玩具のエッフェル塔や羽毛を飾り、「イチマルを賑やかにする武器」を制作。付き添った母親も「作りたくなった」と可動式のパイプにビーズやミニチュア寿司などで「お得な情報を集める武器」を完成させた。
 トロッコ列車の車体は切り株をくり抜いた蓋つきの奇妙な物体。タイヤは木と金属で繋いであった。「中に引きこもりながら、移動可能な乗り物」とのこと。耕運機で湖畔を一周する予定だったが、残念ながら故障で動かない。武器を作った男の子は岩崎さんの手動で乗せてもらうと大喜び、神奈川県在住の双子のいる夫婦も試乗して写真を撮っていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  森や川に生息する動植物などを観察し、親子で自然を楽しみましょう!4月27日(土)、9月7日(土)、11月9日(土)の全3回に渡って行い、講…
  2.  いつの間にか春も盛り。寒いうちに庭木に寒肥(肥料)を与えておこうと思ったのに遅くなってしまいました。寒い時は庭仕事がどうしても億劫になって…
  3. 【写真】ケヤキ一枚板のカウンターと。左から鈴木さん、悦子さん、智明さん  大谷家具製作所は2011年11月に長南町長南に工…
  4. 『リーダーハーフェン』は1982年結成の男声合唱団で、42年間その歌声を響かせてきた。構成は、トップテノール・セカンドテノール・バリトン・…
  5.  多くの映画ファンを虜(とりこ)にした女優オードリー・ヘプバーンを、前半・後半と2回に分けて掲載します。ヘプバーンは今でも日本や欧米諸国で人…
  6.  昔から『言葉3割、行動7割』という言葉があります。「子どもは親の言うことの3割までしか身に付けないが、親の行うことはその7割以上を身に付け…
  7.  市原市姉崎小学校を拠点に活動している剣道『錬心舘市原道場』。設立は1987年と長い歴史を持ち、小中学生を中心にこれまで数多くの卒業生を育て…
  8. 【写真】本須賀海岸(当写真は特別な許可を得て撮影しています)  マリンアクティビティのイメージが強い九十九里エリア。成田国…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】ケヤキ一枚板のカウンターと。左から鈴木さん、悦子さん、智明さん  大谷家具製作所は2011年11月に長南町長南に工…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る