この武器笑えます

 アート×ミックス会期中、市原湖畔美術館の野外に出現した市原マルシェ(イチマル)の一角、耕運機のフレームと茅葺で移動式の『足湯』を制作した木工彫刻家岩崎龍次さん(35)が武器屋を開いた。店の中には「冴えないオヤジギャグを笑い飛ばす武器」、「花粉を集め、花を咲かせる武器」などユーモアのある作品が並んだ。
 5月9日は武器屋でワークショップ『武器作り・トロッコ列車』が行われた。壁一面に取り付けられた滑車や機械類などの部品から作品を作り、最後に岩崎さん作の『トロッコ列車』に乗車する講座。
 「これに参加したかった」という男の子は戸車やドリルの部品を選び、グルーガンで組み立て、玩具のエッフェル塔や羽毛を飾り、「イチマルを賑やかにする武器」を制作。付き添った母親も「作りたくなった」と可動式のパイプにビーズやミニチュア寿司などで「お得な情報を集める武器」を完成させた。
 トロッコ列車の車体は切り株をくり抜いた蓋つきの奇妙な物体。タイヤは木と金属で繋いであった。「中に引きこもりながら、移動可能な乗り物」とのこと。耕運機で湖畔を一周する予定だったが、残念ながら故障で動かない。武器を作った男の子は岩崎さんの手動で乗せてもらうと大喜び、神奈川県在住の双子のいる夫婦も試乗して写真を撮っていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  2.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  3.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  4.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  5.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  6.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  7.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  8.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  9.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る