養老渓谷の山間でアートと食を満喫

 いちはらアート×ミックス最南端の会場アートあそうばらの谷で開催された、鈴木ヒラクさんの展示会『道路』とJA市原市女性部による農家レストラン『おもいでの家』は大盛況だった。
 『道路』では、石と反射板による彫刻作品が家屋の中や屋街に設置されていた。市内の県道脇に多く残る素掘りのトンネルが古代の洞窟や人間の腸内のように見えることから着想を得た作品は、会場の古民家の構造を生かし『道路』という空間を構成。1m以上ある作品は光の当たり方で幻想的に見えた。都内から訪れた女性は、「トロッコ列車を待つ時間に偶然立ち寄りました。現代アートに詳しくないですが、見惚れてしまいます」と話した。
 『おもいでの家』での人気メニューは養老渓谷カレー(500円)。また、季節の定食では筍ご飯に加えて、旬の野菜で作られた小鉢を選べる楽しみも。取材日は大根の煮つけや里芋のきぬかづき、トマトやこごみのからし和えの4品から3つを選ぶことができた。
 他、コーヒーや梨サイダー、おしるこで一休止も。「渓谷カレーの名前はお客さんが付けてくれたんです」と話すスタッフは次々と訪れるお客に元気よく挨拶。船橋市から訪れた夫婦は、「2人でほとんどのエリアを回りました。定食の充実さに大満足です」と笑顔をみせた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る