大人の魅力たっぷりのバンドが登場

 2月下旬に市原市勤労会館で開催された生涯学習フェスティバルに出演した『ピアノボーカルデュオwithブルースギター』のメンバーは3人。ボーカルの大川陽子さんとブルースギターの菅野敏雄さんは市原市在住、ピアノの中山雅世さんは船橋市在住だ。大川さんが八幡公民館で演奏者募集の張り紙を見たことをきっかけに参加した同フェスティバルで、3人はジャズなど5曲を披露した。
 「5年ほど前、私がボーカル教室を訪れた時にピアノを弾かれていたのが中山さんとの出会いです」と大川さんは話す。そこに大川さんの義弟である菅野さんが参加し、3人で演奏をするようになったのは3年ほど前からだ。
 自分で作詞・作曲も行うという中山さんは、都内や千葉市内のライブハウスで演奏することが多い。決してバンド歴が長いわけではなく、それぞれの仕事の都合もあり練習時間も限られている。だが、「合わせるうちに、相手の音が分かってくるんです。楽譜を作ってくれる時もあるので、中山さんの胸を借りている感じです」と笑顔を見せる大川さんは、都内の有名ライブハウスのオーディションにも合格した経歴を持つ。
 ほっそりとしたスタイルの大川さんが歌う姿はとても妖艶で、演奏曲はジャズだけでなくブルースや歌謡曲、洋楽までと幅広い。3人で演奏する曲はロバート・ジョンソンが悪魔に魂を売って作ったと言われる有名な『ミー・アンド・ザ・デビル』やボビー・トゥループが作詞作曲をした『ルート66』など。
 エレキやフォークなど様々なギターを弾く人たち、そしてアメリカでもみんなが歌うような曲を演奏する『ピアノボーカルデュオwithブルースギター』だからこそ、より親しみを感じてその音を楽しめるのかもしれない。ロックとジャズの融合したものをブルース調に仕上げ、菅野さんが女性2人に音を添えるようにしてバンドは完成している。ピアノの上を滑るように動く中山さんの指は軽やかなメロディーを生み、大川さんの伸びやかな歌声は心地良さを誘う。思わずうっとりと眺めていたくなるほどの3人の演奏は、まだ始まったばかりだ。
 選曲はお互いが好きなものを選ぶといい、毎月1回千葉中央にあるライブハウスで定期的に演奏している。「学習フェスティバルには母が聴きに来てくれたんですが、格好いい、うっとりしちゃったと大絶賛してくれました」と菅野さんが話すと、「音を一緒に出すというのはとても親密なことで、会話するより相手の人柄が分かります。1人で演奏するとは違う面白さがあります。これからさらに曲のアレンジなどをしていけたらと思います」と中山さんも続けた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  2.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  3.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  4.  最近は本格的に寒くなってきましたね。こうなるとキノコ狩りのシーズンも終わり。今年はバカマツタケに出会えなかったな~とか、シカが食べちゃった…
  5.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  6.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  7.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  8.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る