~工場夜景~

京葉工業地帯は浦安市から千葉市・市原市、袖ケ浦市、木更津市を経て富津市に至る東京湾岸の埋立地に鉄鋼業、石油化学工業などの大規模な工場が集まっている臨海工業地帯です。昭和30年代頃から市原市でも操業する会社が数社ありましたが、まだ埋立て中の場所もあり国道16号も開通していませんでした。
私は昭和37年に市原市に来てから今日まで工業地の移り変わりを見てきました。操業する会社が多くなると各装置に夜間照明用として取り付けられた白熱電球の明りが夜になるとお伽の国の美しいお城のように見えたり、堅固な要塞など色々な形に見えたりしていましたが、現在は道路と工場の間に帯状の緑地帯が設けられ殆ど見る事が出来なくなっております。
現在、この工場夜景が人気になり祭りやイベントの時などに陸から見るバスツアー、海から見る船でのツアーなどの見学ツアーが組まれています。市内には車で行き見学できる場所もありますのでお気に入りの場所を見つけて下さい。昭和40年頃のメルヘンチックな夜景は見られませんが現在の素晴らしい夜景を堪能出来ますので是非お出かけ下さい。

フォトクラブ遊写
加賀淺吉

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る