~工場夜景~

京葉工業地帯は浦安市から千葉市・市原市、袖ケ浦市、木更津市を経て富津市に至る東京湾岸の埋立地に鉄鋼業、石油化学工業などの大規模な工場が集まっている臨海工業地帯です。昭和30年代頃から市原市でも操業する会社が数社ありましたが、まだ埋立て中の場所もあり国道16号も開通していませんでした。
私は昭和37年に市原市に来てから今日まで工業地の移り変わりを見てきました。操業する会社が多くなると各装置に夜間照明用として取り付けられた白熱電球の明りが夜になるとお伽の国の美しいお城のように見えたり、堅固な要塞など色々な形に見えたりしていましたが、現在は道路と工場の間に帯状の緑地帯が設けられ殆ど見る事が出来なくなっております。
現在、この工場夜景が人気になり祭りやイベントの時などに陸から見るバスツアー、海から見る船でのツアーなどの見学ツアーが組まれています。市内には車で行き見学できる場所もありますのでお気に入りの場所を見つけて下さい。昭和40年頃のメルヘンチックな夜景は見られませんが現在の素晴らしい夜景を堪能出来ますので是非お出かけ下さい。

フォトクラブ遊写
加賀淺吉

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る