~古寺巡礼~

内房線八幡宿から国道297号経由、三キロほど南南東に向かった市原市能満に、弘法大師(空海)が開創した醍醐天皇勅願寺の「法然山傳燈寺・釋蔵院」があり、広大な入口の駐車場から遠くの土手を眺めると檀家の有志の方が丹精込めて植栽しだ「しゃくぞういん」の文字が見えます。私の中学時代までは、杉の巨木が歴史感溢れる木造作りの本堂を囲み鬱蒼とした荘厳な境内で、当時は近寄り難い感情を抱きました。
現在は鉄筋コンクリート造りの本堂・弘法大師堂・鐘楼・事務所・庫裏等が整然と立ち並び、日々役員さんによる清掃と、夏と秋に檀家全員で行う境内大清掃でいつ訪れても明るく綺麗な境内を見ることが出来ます。
三月のお彼岸頃には青空をバックに、壮大に咲き誇る古木のモクレン、四月は境内を華やかに彩る、ソメイヨシノとしだれ桜が咲き誇ります。また六月に香りの良い花をつける珍しい「なんじゃもんじゃ」の木。秋には山モミジの紅葉。これらの花木は、写真撮影で格好の被写体になります。写真ファンは愛好のカメラを持ち「釈蔵院」を訪れては如何ですか。

フォトサークルあゆみ
田中孝夫

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…
  2.  水辺でよく見かけるアオサギ。日本で見られるサギの仲間の中で最も大型で、長い首とスラリとした足が特徴だ。体長95センチ前後、翼を広げると1メ…
  3. 「梅ケ瀬」それは広く知られた紅葉の景勝地、そして市原には珍しい、つららを始めとする氷の渓谷でもある。養老渓谷駅の先を右に回って進み大福山の下…
  4.  森の中での生活に薪ストーブは欠かす事は出来ません。木々に囲まれた生活をする理由の1つには薪で暖を取りたい事も含まれていました。木は二酸化炭…
  5.  2015年に運行を開始したトロッコ列車「房総里山トロッコ」は、土休日を中心に五井~上総牛久~養老渓谷間を走り、開放感あふれる車窓から、春は…
  6.  国の天然記念物で、国際地質科学連合IUGSが国際境界模式地(GSSP)として承認した地磁気逆転地層・チバニアン。市は多くの人が来訪し交流で…
  7.  来月2月11日(祝)千葉県文化会館で、千葉県在住のふたりの俳優による朗読劇が行われる。出演はプロダクション・タンク所属、見上裕昭さんと、文…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る