運命の人に出会うための第一歩!?

自分の個性を理解している?

 7月29日(土)、市原市主催で行われた『婚活セミナー』に73名の男女が参加した。講師の水野真由美さんは、ラブライフバランス研究所の代表を務める著名な婚活アドバイザー。千人以上にアドバイスをした実績を持ち、全国の自治体支援や大学、大手企業でセミナーを行っている。テレビ『ミヤネ屋』や『スーパーニュース』にも出演するなど多方面で活躍中だ。
 今回は『外見力、コミュニケーション力を磨き、個性に合った婚活スタイルを見つけよう』と題して、最短婚活力アップ法が伝授された。「大勢で話すことを苦手とする方が、婚活方法はパーティだけだと決めつけて頑張っても上手くいきません。自分の性格を客観的に見て、相手が思い描くパートナー像を考えましょう。アドバイザーなど他人の意見を聞くことも大切です。なによりアドバイスを聞いたことで満足せず、必ず実行しましょう!」と、水野さんが冒頭で話す。
 人とコミュニケーションをとることはどんな些細な場面であれ、日常生活では欠かせない。友達、両親、職場とコミュニケーションスキルには段階があり、恋人や夫婦など最も近い関係は信頼も生まれやすいが、「実は関係性が近いほどスキルは最難関!」だとか。それでも人は、相性のいい人を探し、共に生きたいと願う。どこかで必ず壁にぶつかるのが婚活であり、まず己を知るのが第一歩だ。
 参加者たちは配られたチェックリストに数分で回答する。6個の項目について各10問ずつ質問に答えると合計点がでる。それをグラフ内に点で示せば、項目の高低が一目瞭然だ。「話題力と感動力は共鳴しやすいポイントです。ケーキを食べた時に美味しいと感じれば、それを誰かに話したいという話題が生まれます。婚活をする上で、心の動きが平坦でいては誰かに愛してもらえるわけがないんです。感動して、行動して、表現して」と、真剣に語る水野さんの言葉に、参加者達の中にメモをとる人も。
 さらに、尊重力や共感力、表現力や交際力など様々なコミュニケーション能力について説明された他、結婚相談所で水野さんがアドバイスした実例を交えた話も披露。「どの力が優れているから良いというのはありません。ただ、バランスを取ることは必要です。自分のことを受け入れてくれるタイプや世代を把握することで、婚活力は上がります」
 たとえ強い想いや感動を心に秘めていたとしても、実際には表現しないと誰にも伝わらない。「ハッと気づかされることが多くありました。性格を直すのは難しいけれど、自分らしい伝え方を身につけて、相手との関係に生かせるくらいに成長したいです」と語る30代女性参加者。
 きっと大切な人と出会えた時には、恋愛以外でもコミュニケーション能力がアップしていること間違いないだろう。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  2.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  3.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  4.  最近は本格的に寒くなってきましたね。こうなるとキノコ狩りのシーズンも終わり。今年はバカマツタケに出会えなかったな~とか、シカが食べちゃった…
  5.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  6.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  7.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  8.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る