ホソウミニナとウミニナ繁栄と絶滅

 ホソウミニナ(写真左側5個体)は、長細い円すい形をした巻貝で長さは約3~4㎝。殻は厚く、黒褐色や灰色で、白い帯やカスリ状など模様が多彩です。全国に分布し、干潟や磯場などの砂地や泥地に生息。千葉県レッドデータブックではDランク一般保護生物に指定されています。
 一方、ホソウミニナと同じ仲間のウミニナ(写真右側2個体)は、形、色合、生息場所・地域など、ほとんどホソウミニナと同じですが、より丸みがあり、滑層という部分が大きいのが特徴です。千葉県レッドデータブックではAランク最重要保護生物に指定されています。
 ホソウミニナは市内では、国道16号線そばの運河や養老川、前川の河口の一部に生息、その数は安定しているようです。写真のように干潟一面にびっしりと多く生息する場所もあれば、僅かしかいない場所もあります。しかし、ウミニナは市内では、ホソウミニナより生息場所が限られ、生息数はとても少なく、希少な存在となっています。
 ホソウミニナとウミニナの生息数の違いは、成育過程にあります。ホソウミニナは卵から稚貝として生まれ、一生、親と同じ場所に生息します。このため、エサとなる海草類や藻類が豊富にあるなど、生息しやすい環境であれば、局所的に足の踏み場もない状況になります。一方、ウミニナは孵化後にプランクトンとして海流に乗って浮遊、遠くまで生息域を分散できますが、その反面、たどり着く干潟環境がないと生息できません。このため、埋立てにより干潟環境が僅かしかない東京湾では、絶滅の危機に瀕しています。
 種の保存を広域的に行うためのウミニナの成育過程は、戦略性はありますが、大きく改変された自然環境においては通用しなくなったのでしょう。非常に残念な思いです。
(ナチュラリストネット/時田良洋)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  2.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  3.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  4.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  5.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  6.  ちはら台の街には公園が沢山あり、訪れた人の憩いの場となっています。  西には、テニス場がある「堂坂公園」、滑り台がある「睦月公園」、スプ…
  7.  5月になると私は、フクロウが巣を構えるような大きなスダジイを順番に回ります。運が良ければ巣立ったヒナがいるからです。でも今年は声もしないの…
  8.  市原市在住の田波武さんは、昨年4月、パズル界初の『イロハ』3文字を使ったクロスワードパズル、『ひらめきの右脳 理詰めの左脳を覚醒させるイロ…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る