ホソウミニナとウミニナ繁栄と絶滅

 ホソウミニナ(写真左側5個体)は、長細い円すい形をした巻貝で長さは約3~4㎝。殻は厚く、黒褐色や灰色で、白い帯やカスリ状など模様が多彩です。全国に分布し、干潟や磯場などの砂地や泥地に生息。千葉県レッドデータブックではDランク一般保護生物に指定されています。
 一方、ホソウミニナと同じ仲間のウミニナ(写真右側2個体)は、形、色合、生息場所・地域など、ほとんどホソウミニナと同じですが、より丸みがあり、滑層という部分が大きいのが特徴です。千葉県レッドデータブックではAランク最重要保護生物に指定されています。
 ホソウミニナは市内では、国道16号線そばの運河や養老川、前川の河口の一部に生息、その数は安定しているようです。写真のように干潟一面にびっしりと多く生息する場所もあれば、僅かしかいない場所もあります。しかし、ウミニナは市内では、ホソウミニナより生息場所が限られ、生息数はとても少なく、希少な存在となっています。
 ホソウミニナとウミニナの生息数の違いは、成育過程にあります。ホソウミニナは卵から稚貝として生まれ、一生、親と同じ場所に生息します。このため、エサとなる海草類や藻類が豊富にあるなど、生息しやすい環境であれば、局所的に足の踏み場もない状況になります。一方、ウミニナは孵化後にプランクトンとして海流に乗って浮遊、遠くまで生息域を分散できますが、その反面、たどり着く干潟環境がないと生息できません。このため、埋立てにより干潟環境が僅かしかない東京湾では、絶滅の危機に瀕しています。
 種の保存を広域的に行うためのウミニナの成育過程は、戦略性はありますが、大きく改変された自然環境においては通用しなくなったのでしょう。非常に残念な思いです。
(ナチュラリストネット/時田良洋)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…
  2.  大網白里市を拠点に活動する『浜太鼓』は、今年結成20周年を迎えた。11月30日(土)には、大網白里アリーナで『結成20周年記念コンサート…
  3.  年々増加している児童虐待。子どもが死亡する痛ましい事件も後を絶ちません。市原市でも平成30年度では新規の虐待相談が399件と、多数の相談…
  4.  出産後すぐのお母さんは、ホルモンバランスの変化や慣れない育児で、体調を崩しやすくなっています。この時期に、医師、助産師、保健師等の専門職…
  5. パスカルの原理(化学の力)を利用したおもちゃを作ったり、スライムづくりに興じたり。8月17日、小学生を対象にyouホール(市原市勤労会館・…
  6.  鹿児島県出身で、市原市美術会・市原市文化団体連合会を設立し、フランスの近代美術館やイギリス王室にも作品が所蔵されている日本画家、故・古城…
  7. 今も健在、観音掘りトンネル  日本には古来から「観音掘り」と言うトンネルの掘削工法があり、将棋の駒に似た上部の尖った形状をしています。トンネ…
  8.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  9.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  10. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る