いちはらふるさと点描

~春の米沢の森~

空気の澄んだ冬の朝、米沢の森の頂に立つと遥か東に太平洋、西に東京湾が見える。ここは御十八夜と呼ばれる。標高162m、北には長柄町の権現森172mがあるものの、茨城県の筑波山までここより高いところはない。南西部から北にかけては視野を遮るものがなく、東京湾岸エリアと富士山や南アルプス北岳、浅間山、北には男体山も見える。
今から15年前、近くに手入れされなくなった森があることを知り、米沢の森を考える会(鶴岡会長)が有志を募り、地主さんの了解を得て、荒れた道や階段を整備した。この活動に賛同した多くの方が四季を問わず整備に汗を流した。そして頂上周辺からの大展望が得られるようになった今、沢山の人が手軽に訪れる。
これから春先は山頂直下の花立野付近、一面の菜の花と山桜のコラボは素晴らしい。また、南に位置する腰巻池脇に広がるハンノキの新緑も美しい。
市街地からそれほど遠くない米沢の森は家族連れで訪れ、自然の営みと触れ合い、心の栄養をもらえるところでもある。

ふるさと写真家
石川松五郎

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る