過酷な越冬!?テングチョウ

 早春の日差しが降り注ぐ穏やかな日、野山に出かけると、オレンジ色のチョウを見かけることがあります。体長は2~3センチ。羽をたたんで止まるため枯葉と同化し見つけるのが困難ですが、太陽の光をいっぱいに浴びるために羽を広げると、褐色の草原にオレンジ色の紋が対比して見つけやすくなります。顔をよく見ると鼻のように口先が伸びています。テングチョウです。
 名前の由来は、「テング」のように、顔の先が尖っているからと言われています。鼻のように見えるのは、パルピと呼ばれる下唇ひげの部分。他のチョウにもパルピは見られるそうですが、テングチョウがとりわけ発達しているようです。ユニークな顔つきは日本の他のチョウには見られないため、他のチョウとの識別点になります。
 この時期のテングチョウの多くの個体に羽の損傷が見られます。春先なのに羽がボロボロなのは不思議かもしれませんが、実はテングチョウは、厳しい冬を成虫のまま越冬するのです。冬の寒さに耐え様々な試練を乗り越えてきた証です。だからこそ、ポカポカの穏やかな日になると、ボロボロの羽にも係わらずに嬉しそうに飛び回るのかもしれません。俳句では『凍チョウ(いてちょう)』という季語があり、厳しい冬の間じっと体を縮め、春を待つ意味で使われるようです。越冬するチョウを季語として扱う日本の文化に、改めて感心します。
 山地から平地の雑木林の周辺に生息し、エノキを食草とします。基本的には年一回の発生で、初夏に成虫が羽化し、成虫のまま夏秋冬を越して春に産卵するたくましいチョウです。散歩で出会ったら、「お疲れ様」と声をかけてあげましょう。

(ナチュラリストネット/岡嘉弘)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  御宿町・日墨友好文化大使のヴァイオリニスト・黒沼ユリ子さん(81歳・御宿町在住)が、小学校時の図工の恩師であるイラストレーター・大西三朗さ…
  2. いつものにぎやかな音楽が聴こえると、それは移動販売車ピース号が来た合図。食品や日用品などを乗せて、週に1度、決まった場所へ決まった時間にやっ…
  3.  1945年8月15日の終戦の日、連合国軍機と交戦し墜落したとみられる零戦の機銃が、今年1月、大多喜町で発見された。遺族の依頼を受けた有志の…
  4.  日本の伝統文化として海外でも興味関心の高い折り紙。必ず一度は折ったことがあるだろう。一年の延期を経て今夏開催された東京オリンピックで、来日…
  5. メヒコの衝撃─メキシコ体験は日本の根底を揺さぶる 9月26日(日)まで 市原湖畔美術館  メキシコのスペインによる征服から500年、独立…
  6.  世の中、理不尽なことがたくさん起こりますが、それをどう捉えるかで人生の行く道が変わることがあります。目の前で起こっている理不尽なことは、今…
  7.  ボランティア団体『桜さんさん会』は今年4月23日、東京の憲政記念会館で開催された『第15回みどりの式典』で緑化推進運動功労者内閣総理大臣表…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  御宿町・日墨友好文化大使のヴァイオリニスト・黒沼ユリ子さん(81歳・御宿町在住)が、小学校時の図工の恩師であるイラストレーター・大西三朗さ…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る