過酷な越冬!?テングチョウ

 早春の日差しが降り注ぐ穏やかな日、野山に出かけると、オレンジ色のチョウを見かけることがあります。体長は2~3センチ。羽をたたんで止まるため枯葉と同化し見つけるのが困難ですが、太陽の光をいっぱいに浴びるために羽を広げると、褐色の草原にオレンジ色の紋が対比して見つけやすくなります。顔をよく見ると鼻のように口先が伸びています。テングチョウです。
 名前の由来は、「テング」のように、顔の先が尖っているからと言われています。鼻のように見えるのは、パルピと呼ばれる下唇ひげの部分。他のチョウにもパルピは見られるそうですが、テングチョウがとりわけ発達しているようです。ユニークな顔つきは日本の他のチョウには見られないため、他のチョウとの識別点になります。
 この時期のテングチョウの多くの個体に羽の損傷が見られます。春先なのに羽がボロボロなのは不思議かもしれませんが、実はテングチョウは、厳しい冬を成虫のまま越冬するのです。冬の寒さに耐え様々な試練を乗り越えてきた証です。だからこそ、ポカポカの穏やかな日になると、ボロボロの羽にも係わらずに嬉しそうに飛び回るのかもしれません。俳句では『凍チョウ(いてちょう)』という季語があり、厳しい冬の間じっと体を縮め、春を待つ意味で使われるようです。越冬するチョウを季語として扱う日本の文化に、改めて感心します。
 山地から平地の雑木林の周辺に生息し、エノキを食草とします。基本的には年一回の発生で、初夏に成虫が羽化し、成虫のまま夏秋冬を越して春に産卵するたくましいチョウです。散歩で出会ったら、「お疲れ様」と声をかけてあげましょう。

(ナチュラリストネット/岡嘉弘)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『真冬の温泉ヨガ』『春を見つけるヨガ散歩』『寺ヨガ』『ほたるナイトヨガ』『渓流せせらぎヨガ』……今後、興味津々のプログラムが予定されている…
  2. 昨年9月、10月の台風は、市原にも大きな被害を出し、ニュースとして連日報道された。今月19日には、気象庁がこの2つの台風に対し、災害における…
  3.  40年余り自宅の一室で開いている洋裁教室で、小物づくりと洋裁を仲間とともに楽しんでいます。私がつるし雛に出会ったのは、平成14年2月、伊…
  4.  冬の代表的スポーツと言えばスキー。今年度の市民スキー教室が1/24(金)夜~1/26(日)、長野県木島平で小学生から70歳代までの市民が…
  5. 1月28日(火)、市原警察署にて、令和元年署長感謝状の贈呈式が行われました。シティライフも、昨年から本紙に掲載する防犯特集記事が支援・協力に…
  6.  五井駅西口から歩いて十分ほどの所にこの神社はある。社伝によると、大宮神社の社名は広大な境内に由来し、鎮座は景行天皇の御代、日本武尊が御東…
  7. 去年の秋の凄まじい台風の影響で、巣箱が全滅に近い被害を受け、いったんは諦めかけた養蜂もどうやら長く寒い冬を生き抜く事ができそうです。桜の花が…
  8.  2018年3月、市原市君塚にオープンした『和み処 白金茶寮(しろがねさりょう)』。『やちばあちゃん秘伝のだんご』をテーマに地元の素材を生…
  9. いすみ市下布施の県道沿いの田んぼでは、冬の間、コハクチョウの群れが餌をついばんでいる。大多喜町在住の土屋治雄さんは、その姿を写真に収め、観察…
  10. 「背筋を伸ばして」と声が掛かり、「おはようございます」と全員で手をつき丁寧に挨拶する。床の間に飾られた掛け軸や花、花入れを愛で、季節や先人た…

ピックアップ記事

  1. 『真冬の温泉ヨガ』『春を見つけるヨガ散歩』『寺ヨガ』『ほたるナイトヨガ』『渓流せせらぎヨガ』……今後、興味津々のプログラムが予定されている…

イベント情報まとめ

  1. ※イベントの開催につきまして、ご確認の上ご参加いただきますようお願い申し上げます。 ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~2…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る